So-net無料ブログ作成
湿生植物 ブログトップ

ミズキンバイ(水金梅) [湿生植物]

ミズキンバイは他の植物のように直立せずに、地面を這うように面的に生育します。その際、節から植物体の固定のために不定根を、ガス交換のために呼吸根をそれぞれ伸ばします。茎は折れやすく、ひとたび千切れると別個体として振舞う(無性生殖)です。
春から秋にかけて5花弁からなる黄色の一日花を咲かせます。果実は蒴果ですが、成熟してもユリやハナショウブのように果実は裂けず、種子を撒かずにそのまま果実ごと落下します。土壌に埋没した後、数か月をかけて果皮が分解され種子が散布される仕組みです。
和名は花が高山植物のキンバイソウに似て水辺に生えることから。国の絶滅危惧II類に指定されています。

ミズキンバイ-1(20180912).jpg ミズキンバイ-2(20180912).jpg


◇ミズキンバイの果実・・・・
 この果実はこのまま落下し、果皮が分解されて種子が散布されます。
ミズキンバイ-3(20180912).jpg
撮影:2018年9月12日 京都府立植物園にて

名称:ミズキンバイ(水金梅)
科:アカバナ科 チョウジタデ属
園芸分類:抽水性
形態:多年生草本
原産地(分布):在来種  本州、四国、九州、台湾、中国
品種名:
草丈/樹高:50~60cm
開花期:6~9月
花色:黄色
その他:


nice!(1)  コメント(0) 

タコノアシ(蛸の足) [湿生植物]

河川敷や湿地にはえる多年草。茎は直立し高さ30~70cm。葉は互生、無毛で縁に鋸歯があります。
放射状に数本に分かれた総状花序を茎の先につけ、その上側に9月頃小さい花を多数開きます。これを上から見ると、吸盤のついた蛸の足を下から見たのに似ていることが名前の由来となります。花はがく・花弁が各5枚、雄蕊が10本となります。雌蕊は心皮5個からなり下部で合着します。晩秋になるとさく果が熟し、また全草が紅葉します(ゆで蛸のようになります)。
2007年8の環境省のレッドリストでは,準絶滅危惧(NT)に指定されている稀少植物。

タコノアシ-1(20180912).jpg タコノアシ-2(20180912).jpg タコノアシ-3(20180912).jpg タコノアシ-4(20180912).jpg タコノアシ-5(20180912).jpg タコノアシ-6(20180912).jpg
撮影:2018年9月12日 京都府立植物園にて

名称:タコノアシ(蛸の足)
科:タコノアシ科 タコノアシ属
園芸分類:湿生~抽水植物
形態:
原産地(分布):本州、四国、九州、奄美大島 ・ 東アジア
品種名:
草丈/樹高:30~70cm
開花期:8~10月
花色:白色
その他:


nice!(0)  コメント(0) 

ミズトラノオ(水虎の尾) [湿生植物]

匍匐(ほふく)する地下茎から茎が直立し、茎はやわらかく無毛、直立してほとんど分枝せず高さ30~50cmになります。
茎の先端に直径1cmほどの穂状花序をつけ、下の花から順に開花します。花弁は淡い紫色であり、雄しべは4本で花から突き出しており、長い毛が密生しています。
種子は卵形~楕円形で長さ0.5~0.7mm。

ミズトラノオ-1(20170929).jpg ミズトラノオ-2(20170929).jpg ミズトラノオ-3(20170929).jpg
撮影:2017年9月29日 京都府立植物園にて

名称:ミズトラノオ(水虎の尾)
科:シソ科
園芸分類:
形態:湿生植物 多年草
原産地(分布):日本、韓国、中国
品種名:
草丈/樹高:30~50cm
開花期:8~10月
花色:淡紅紫色
その他:


nice!(1)  コメント(0) 
湿生植物 ブログトップ