So-net無料ブログ作成
シダ・コケ類 ブログトップ
前の10件 | -

クジャクシダ(孔雀羊歯) [シダ・コケ類]

北海道~本州、四国の山地の林縁で見られます。葉柄は光沢のある赤紫色で、基部に披針形、茶褐色の鱗片がつきます。中軸は数回2叉に分岐となります。小羽片は長四角形で裂片の上縁に半月形のソーラスが数個つきます。新芽の時は赤色を帯びます。
 葉の枝分かれに特徴があって、それぞれに羽状複葉になった枝(羽片)を扇のように広げた姿がクジャクの尾羽を思わせるのが和名の由来となります。
夏緑性で、冬にはすべての葉が枯れます。

クジャクシダ-1(20180424).jpg クジャクシダ-2(20180424).jpg クジャクシダ-3(20180424).jpg
撮影:2018年4月24日 京都府立植物園にて

名称:クジャクシダ(孔雀羊歯)
科:ホウライシダ科 ホウライシダ属
園芸分類:落葉性多年草
形態:夏緑性シダ植物
原産地(分布):北海道~本州、四国
品種名:
草丈/樹高:
開花期:
花色:
その他:


nice!(0)  コメント(0) 

クサソテツ(草蘇鉄) [シダ・コケ類]

大きな羽状の葉を優雅に広げるシダ植物です。ソテツの羽状葉を柔らかくしたような形をしています。自然では日なた~半日陰の湿り気のある場所に群生しているのがよく見られます。日当たりの悪い環境にも耐え、姿も美しいので庭園や坪庭によく植栽されています。ただ乾燥にとても弱く、暑さにもやや弱いです。新芽は美しい鮮緑色。夏以降はやや濃い緑色になります。
根茎は太く直立し、周囲に古い葉柄の基部が集まります。また地下に匍匐茎を出し、その先に新しい株を作ります。葉には栄養葉と胞子葉の区別があります。栄養葉は春に出て鮮緑色で美しく、草質で柔らかい。胞子葉は栄養葉の束の内側に出て、栄養葉より短く。単羽状で羽片はごく幅狭く、裏面の胞子嚢群を包むように巻き込みます。
 若芽はコゴミ(屈)といい山菜のひとつで、ワラビやゼンマイのように先端を巻き込むような形状をしており、これが屈んでいるように見えるのが名前の由来となります。
和名のクサソテツは、太く直立する根茎やその先端から広がる葉の様子がソテツを思わせる草本であることによります。

クサソテツ-1(20180226).jpg クサソテツ-2(20180226).jpg クサソテツ-3(20180226).jpg クサソテツ-4(20180226).jpg クサソテツ-5(20180226).jpg クサソテツ-6(20180226).jpg
撮影:2018年2月26日 京都府立植物園にて

名称:クサソテツ(草蘇鉄)
科:イワデンダ科 クサソテツ属
園芸分類:シダ・コケ
形態:落葉性多年生草本
原産地(分布):日本・北半球の温帯地方
品種名:
草丈/樹高:40~80cm
開花期:
花色:
その他:


nice!(0)  コメント(0) 

ゼンマイ [シダ・コケ類]

各地の山野に普通に生える多年生シダ植物です。地中にある太い根茎から毎年春先に新葉を出します。葉は長さ 50~100cm、葉身は広い三角状卵形の2回羽状複葉になります。胞子葉はこれよりやや早く伸び、普通の葉と同様2回羽状複葉ですが、小羽片はほとんど脈だけから成り、そのまわりに多数の胞子嚢がついて穂のようになります。春、芽生えたばかりの先の巻いた若い葉は食用にします。

ゼンマイ-1(20180222).jpg ゼンマイ-2(20180222).jpg ゼンマイ-3(20180222).jpg
撮影:2018年2月22日 京都府立植物園・「早春の草花展」にて

名称:ゼンマイ
科:ゼンマイ科 ゼンマイ属
園芸分類:
形態:多年生シダ植物
原産地(分布):北海道から沖縄まで、国外では樺太、朝鮮、中国からヒマラヤ
品種名:
草丈/樹高:50~100cm
開花期:
花色:
その他:


nice!(1)  コメント(0) 

クリハラン [シダ・コケ類]

クリハランは、関東以西~九州に広く見られ林中の渓流近くの湿った岩の上や地上に群落をつくり、根茎は細長く這い、鱗片があり、ややまばらに葉をつけます。
名前にランがつきますが、ウラボシ科にいくつもある単葉の葉を持つシダのひとつで、日本産のものの中ではやや大柄な方に属します。地上から立ち上がる葉をつけ、その質が薄いが堅くてつやがある点で、かなり目立つシダです。
名前の由来は薄くて側脈がはっきりした葉の感じがクリの葉に似るためとのことです。別名をウラボシ、ホシヒトツバとも言います。

クリハラン-1(20171207).jpg クリハラン-2(20171207).jpg
撮影:2017年12月7日 京都府立植物園にて

名称:クリハラン
科:ウラボシ科クリハラン属
園芸分類:
形態:常緑シダ
原産地(分布):本州の関東以西、九州までと沖縄本島に生育し、アジアでは朝鮮(済州島)、台湾、中国からインド
品種名:
草丈/樹高:
開花期:
花色:
その他:


nice!(1)  コメント(0) 

ヒトツバ [シダ・コケ類]

 ヒトツバは暖地の海岸に多い常緑のシダです。日本では関東地方以西の本州、四国、九州、南西諸島に、世界では東アジアの暖温帯から亜熱帯に広く分布します。海岸から沿岸域の急傾斜地や岩場に群生し、時として平地にも生育します。
葉は厚くて丈夫であり、長い地下茎から所々に形成され、葉柄を含めて長さ40cm程度にまでなることもあるようです。裏面に胞子嚢を密生する胞子葉と通常の葉を形成します。
和名はシダ植物の多くが羽状複葉になる中で、複葉にならないことに由来しますが、時として葉の先端がいくつかに分かれる事もあるようです。

◇ヒトツバ(烏帽子丸)
烏帽子丸-1(20171204).jpg 烏帽子丸-2(20171204).jpg 烏帽子丸-3(20171204).jpg


◇ヒトツバ(羽衣)
羽衣-1(20171204).jpg 羽衣-2(20171204).jpg


◇ヒトツバ(獅子)
獅子-1(20171204).jpg 獅子-2(20171204).jpg 獅子-3(20171204).jpg


◇ヒトツバ(矢羽根)
矢羽根-1(20171204).jpg 矢羽根-2(20171204).jpg 矢羽根-3(20171204).jpg

撮影:2017年12月4日 京都府立植物園にて

名称:ヒトツバ
科:ウラボシ科 ヒトツバ属
園芸分類:
形態:常緑シダ植物
原産地(分布):関東、福井県以西~九州に分布
品種名:
草丈/樹高:30~40cm
開花期:
花色:
その他:


nice!(2)  コメント(0) 

コモチシダ(子持ち羊歯) [シダ・コケ類]

大柄で厚みのある葉をつけるシダで常緑性の多年草です。
根茎は太くて短く、多少横に這い、その表面は大きな鱗片で覆われ、鱗片は長さ3cm程になり、明るい褐色で光沢があります。
葉が古くなると、葉の表面に無性芽を形成しその表面のあちこちから無性芽が出て、小さな葉を広げます。子持ちシダの名は、この芽を子供に見立てたものです。



コモチシダ-11(20180727).jpg コモチシダ-12(20180727).jpg コモチシダ-13(20180727).jpg コモチシダ-14(20180727).jpg コモチシダ-15(20180727).jpg コモチシダ-16(20180727).jpg
撮影:2018年7月27日 京都府立植物園にて

名称:コモチシダ(子持ち羊歯)
科:シシガシラ科 コモチシダ属
園芸分類:
形態:常緑性多年草
原産地(分布):東北地方南部以南の本州から四国、九州、琉球諸島、小笠原諸島に分布し、ヒマラヤから中国、台湾、フィリピン
品種名:
草丈/樹高:
開花期:
花色:
その他:


nice!(1)  コメント(2) 

イノデ(猪手) [シダ・コケ類]

 イノデは本州から九州、朝鮮・中国に分布する常緑のシダ植物。常緑広葉樹林域の谷筋などに生育します。
 葉は2回羽状で、下部の羽片は下向きに付くので葉全体としては下部に至るほど細くなりますが、羽片の長さはあまり中部と変わりません。葉柄基部の鱗片は茶色から茶褐色であり、黒色の鱗片はありません。
 和名の由来は葉柄や中軸に光沢のある鱗片が多数ある状況をイノシシの手に例えたものと言われています。

イノデ-1(20171204).jpg イノデ-2(20171204).jpg イノデ-3(20171204).jpg
撮影:2017年12月4日 京都府立植物園にて

イノデ-4(20180222).jpg イノデ-5(20180222).jpg イノデ-6(20180222).jpg
撮影:2018年2月22日 京都府立植物園にて

名称:イノデ(猪手)
科:オシダ科 イノデ属
園芸分類:
形態:常緑シダ植物
原産地(分布):本州から九州、朝鮮・中国
品種名:
草丈/樹高:
開花期:
花色:
その他:


nice!(2)  コメント(0) 

ヤブソテツ(薮蘇鉄) [シダ・コケ類]

大きな小葉を持つシダ植物のひとつです。本州~九州の平地から山地までの林床、林縁に生え、緑色で光沢はありません。
多くのシダ類では先端に向かって次第に小葉が小さくなり、先端は細かく分かれた姿ですが、ヤブソテツ類の場合、先端近くまで小葉がほぼ同じ大きさで、先端の小葉は大きいものがつくが特徴となります。
胞子のう群は葉の裏につきます。胞子のう群はほぼ円形で、すべての小葉の裏面にまばらにつけます。

ヤブソテツ-1(20171204).jpg ヤブソテツ-2(20171204).jpg ヤブソテツ-3(20171204).jpg
撮影:2017年12月4日 京都府立植物園にて

名称:ヤブソテツ(薮蘇鉄)
科:オシダ科 ヤブソテツ属
園芸分類:
形態:常緑シダ植物
原産地(分布):
品種名:
草丈/樹高:
開花期:
花色:
その他:


nice!(0)  コメント(0) 

トキワシノブ [シダ・コケ類]

トキワシノブは着生植物で、地面に根を生やし自生するのではなく、他の植物に着生し自生する植物となります。
着生植物なので通常は土の上で栽培しませんが、コケや水分の多い土を使用することによって鉢植えで育てることが可能です。栽培し年を増すごとに根茎が渦巻き、ぐるぐるになってヘビがとぐろを巻いている格好に見えるのが特徴です。
トキワシノブの葉は、葉の根元から先端に掛けて、長い葉から短い葉へと変化していきます。逆三角形の様に生えるのです。これらの形を整えて楽しむことが出来ます。
名前の由来は、暑さや寒さに耐え忍ぶことからつけられた「シノブ」という種類に似ていることと、葉が冬になっても落ちずに年中緑に茂っていることからトキワシノブの名が付いたとされています。

トキワシノブ-1(20171213).jpg トキワシノブ-2(20171213).jpg トキワシノブ-3(20171213).jpg
撮影:2017年12月13日 京都府立植物園にて

名称:トキワシノブ
科:シノブ科 キクシノブ属
園芸分類:シダ・コケ
形態:多年草
原産地(分布):日本・中国などの東アジア
品種名:
草丈/樹高:15cm~30cm
開花期:無し
花色:
その他:


nice!(1)  コメント(0) 

リョウメンシダ(両面羊歯) [シダ・コケ類]

全国の各地の山地の谷間や斜面の湿ったところに生えます。高さは60~150cm。葉は黄緑色から明るい緑色で、3回羽状複葉。葉の両面が同じ色をしています。葉柄下部の鱗片は褐色~黄褐色で密生しています。包膜は大型で円腎形です。
胞子嚢がついていない葉は表裏の質感がよく似ており、区別が付きにくいことから、両面羊歯と名付けられました。

リョウメンシダ-3(20171129).jpg
リョウメンシダ-2(20171129).jpg
シダの葉の裏面
リョウメンシダ-1(20171129).jpg
撮影:2017年11月29日 京都府立植物園にて

名称:リョウメンシダ(両面羊歯)
科:オシダ科カナワラビ属
園芸分類:
形態:常緑性の多年生草本
原産地(分布):
品種名:
草丈/樹高:60~150cm
開花期:
花色:
その他:


nice!(2)  コメント(0) 
前の10件 | - シダ・コケ類 ブログトップ