So-net無料ブログ作成

キビ(黍) [穀物]

紀元前新石器時代からの人類の食用穀物で、中国の華北地方では、アワとともに古代の主要穀物であったとのことです。
生長すると草丈1m程度になり、夏から秋にかけて茎の先に20cm程度の穂ができ、垂れ下がります。秋に花が咲き、黄色い実がなります。実が黄色であることから、「黄実(きみ)」→「きび」となったとするのが有力な語源説と言われています。実はアワより少し大きく、実は2ミリほどの扁球形で、白または黄色となります。アワ同様、うるち種ともち種があります。
実(み)は「きびもち」や「きびだんご」にします。桃太郎の話に出てくる「きびだんご」はキビの粉で作られました。現在の岡山名物の「きびだんご」は白玉粉で作られているそうです。
いわゆる「五穀(ごこく)」と呼ばれるものの一つ。

キビ-1(20180902).jpg キビ-2(20180902).jpg キビ-3(20180902).jpg キビ-4(20180902).jpg
撮影:2018年9月2日 京都府立植物園にて

名称:キビ(黍)
科:イネ科 キビ属
園芸分類:穀物
形態:一年草
原産地(分布):東インド原産
品種名:
草丈/樹高:1m
開花期:夏から秋
花色:
その他:


nice!(1)  コメント(0) 

ハトムギ(鳩麦) [穀物]

ジュズダマの栽培変種で、東南アジアでは古くから食用とされており、トウモロコシが伝わるまでは重要な作物でした。
利尿、強壮作用があり、日本では健康茶と親しまれています。
漢方や民間療法では、皮を剥いた種子を「よくいにん」と呼んで薬用に用いられ、いぼ取りの効果、利尿作用、抗腫瘍作用などがあるとされます。漢方ではよくにん湯などに使われます。また、ハトムギ茶やシリアル食品などにも利用されます。 ハトムギエキスは皮膚に塗布すると、保湿作用、美白作用があることが知られており、基礎化粧品に配合されることも多いとか。

ハトムギ-1(20170824).jpg ハトムギ-2(20170824).jpg ハトムギ-3(20170824).jpg
撮影:2017年8月24日 京都府立植物園にて

名称:ハトムギ(鳩麦)
科:イネ科
園芸分類:
形態:穀物
原産地(分布):中国南部からインドシナ半島
品種名:
草丈/樹高:
開花期:8~10月
花色:
その他:収穫 9月~10月



nice!(1)  コメント(0)