So-net無料ブログ作成

ゴボウ(牛蒡) [野菜]

日本で自生はしていませんが、縄文時代の遺跡からは植物遺存体として確認されており、縄文時代か平安時代に日本に伝わったともいわれます。日本人が食すようになったのは江戸時代から明治にかけてであり、根や葉を食用とします。茎の高さは1mほど、主根の長さは品種にも寄りますが50cm~1mほどになります。花期は6~7月。紫色のアザミに似た総苞にトゲのある花を咲かせます。そう、私たちが普段、食べる野菜のゴボウです。
葉は根際から生え、長い柄のある心臓形で、葉の裏には柔らかい綿毛が密生しています。
花の後にできる実はそう果(熟しても裂開せず、種子は1つで全体が種子のように見えるもの)です。
根を野菜として食用にするのは日本と台湾、朝鮮半島だけだそうで、中国では漢方・西洋ではハーブとして用いられています。
2年以上の株を干したものを生薬の牛蒡根(ごぼうこん)といい、食欲増進、発汗利尿などの薬効があります。
種子を干したものを生薬の悪実(あくじつ)といい、抗菌、血糖降下、血管拡張などの薬効があります。

ゴボウ-1(20190624).jpg ゴボウ-2(20190624).jpg ゴボウ-3(20190620).jpg ゴボウ-4(20190620).jpg ゴボウ-5(20190620).jpg ゴボウ-6(20190620).jpg
撮影:2019年6月20日 京都府立植物園にて

名称:ゴボウ(牛蒡)
科:キク科 ゴボウ属
園芸分類:
形態:
原産地(分布):北部ヨーロッパ、シベリア、中国東北部
品種名:
草丈/樹高:40~150cm
開花期:6~8月
花色:紫
その他:


nice!(1)  コメント(0) 

ショウゴインカブラ(聖護院蕪) [野菜]

カブの一品種。京野菜の一種で、京の伝統野菜およびブランド京野菜に指定されています。
享保年間に京都左京区聖護院の篤農家・伊勢屋利八が近江かぶの種子を持ち帰り栽培し、京都の風土に合うように改良したことで生まれました。
収穫時期は11月~2月ごろとなります。
成長すると2~5kgにもなり、日本最大級のカブとのことです。千枚漬けの材料とされることが最も多いとのことです。
ふくよかな丸みと、白く艶やか表皮が目を引き、その美しさは「畑の宝石」ともいわれているようです。
そんな、ショウゴインカブラの地上部分を撮影です。
ショウゴインカブラ-1(20190323).jpg ショウゴインカブラ-2(20190323).jpg ショウゴインカブラ-3(20190323).jpg ショウゴインカブラ-4(20190323).jpg ショウゴインカブラ-5(20190323).jpg



◇聖護院蕪
ショウゴインカブラ-6(20190323).jpg



聖護院蕪と聖護院大根の見分け方
似ているようで違うこの二つの野菜の見分け方は葉を見ればわかります。聖護院蕪の葉っぱは、小松菜のような丸みを帯びた葉が生えます。一方の聖護院大根はギザギザ切れ込みが入っている葉がたくさん生えます。
花の色も違いますね。
ショウゴインダイコンは←こちらで



撮影:2019年3月23日 京都府立植物園にて

名称:ショウゴインカブラ(聖護院蕪)
科:アブラナ科 アブラナ属
園芸分類:野菜
形態:
原産地(分布):園芸品種 原産地は京都の聖護院
品種名:
草丈/樹高:
開花期:
花色:黄色
その他:


nice!(2)  コメント(0) 

ショウゴインダイコン(聖護院大根) [野菜]

聖護院(しょうごいん)大根は京都で生まれた丸い大根で、京都の伝統野菜に指定されています。

江戸時代後期に、尾張の国から京都聖護院の東、金戒光明寺に普通の長大根が奉納されたのですが、この大根を付近の農家がもらいうけて長年栽培しているうちに丸くなったといわれています。おそらくは京都のその地は耕土が浅く土中深く根を伸ばせないため、その環境に適した形に変わってきたのかもしれません。今では京都南部の淀地区を中心に栽培されるようになった事から「淀丸大根」や「淀大根」とも呼ばれたりしています。

煮崩れしにくく甘くて苦味が少ないため、主に煮物の材料となり、おでんにも使われます。千本釈迦堂では、冬の大根焚きの材料となります。
今回は、地上部分の様子です。

ショウゴインダイコン-1(20190323).jpg ショウゴインダイコン-2(20190323).jpg ショウゴインダイコン-3(20190323).jpg ショウゴインダイコン-4(20190323).jpg ショウゴインダイコン-5(20190323).jpg
撮影:2019年3月23日 京都府立植物園にて

◇聖護院大根
ショウゴインダイコン-6(20190323).jpg


聖護院蕪と聖護院大根の見分け方
似ているようで違うこの二つの野菜の見分け方は葉を見ればわかります。聖護院蕪の葉っぱは、小松菜のような丸みを帯びた葉が生えます。一方の聖護院大根はギザギザ切れ込みが入っている葉がたくさん生えます。
花の色も違いますね。
ショウゴインカブラは←こちらで

名称:ショウゴインダイコン(聖護院大根)
科:アブラナ科 ダイコン属
園芸分類:野菜
形態:越年草
原産地(分布):
品種名:
草丈/樹高:
開花期:
花色:白色
その他:


nice!(2)  コメント(0) 

キバナスズシロ(黄花蘿蔔) [野菜]

畑や庭に栽培され、葉をサラダ用に利用する1年草。
草丈は40~80cm程度で、葉には厚味があります、形状はダイコンの葉に良く似ています。葉には、軽やかなゴマの香りがし、味はピリリとした辛味があります。葉は、長い葉柄を持った楕円形です。2~4月ごろに、長い花径を立ち上げ白色~クリーム色の4弁花をつけます。花弁ぬは、不規則な線状紋が入ります。萼筒は紅紫いろで、棘状の突起に覆われています。わが国ではルッコラやロケットの名で親しまれているハーブの一種です。

和名は、葉がダイコンに似ていて、しかも花が淡黄色のためであるからのようです。

キバナスズシロ-1(20190323).jpg キバナスズシロ-2(20190323).jpg キバナスズシロ-3(20190323).jpg キバナスズシロ-4(20190323).jpg キバナスズシロ-5(20190323).jpg
撮影:2019年3月23日 京都府立植物園にて

名称:キバナスズシロ(黄花蘿蔔)
科:アブラナ科 キバナスズシロ属
園芸分類:野菜
形態:一年生草本
原産地(分布):地中海沿岸地方
品種名:
草丈/樹高:50~80cm
開花期:2~4月
花色:淡黄白色
その他:別名・ルッコラ


nice!(2)  コメント(0) 

ミブナ(壬生菜) [野菜]

京都府京都市で生産される葉物野菜。漬け菜の一種で同じ京都原産の「水菜」に似ていますが、葉は切れ込みがなく丸いスプーン状の形状となるのが特徴です。葉はやわらかで、漬物、煮物料理などに用いられます。水菜の変異種からの自然交雑で生まれた種と考えられており、1800年代初頭にはすでに栽培の記録があるとのことです。名称は発祥地の地名(中京区壬生)に由来。京都府により「京の伝統野菜」に認定されています。
花は萌黄色で直径1cm程度、4枚の花弁は十字花ではなく2枚ずつが近寄り矩形に近いです。 ミズナとの違いは、葉が狭長楕円形あるいは狭長倒卵形で欠刻がないことだけでとのことです。

普通は、花が咲く前に収穫してしまうので、花を見ることは少ないですよね。

ミブナ-1(20190323).jpg ミブナ-2(20190323).jpg ミブナ-3(20190323).jpg
撮影:2019年3月23日 京都府立植物園にて

名称:ミブナ(壬生菜)
科:アブラナ科 アブラナ属
園芸分類:野菜
形態:一年草
原産地(分布):京都府原産
品種名:
草丈/樹高:
開花期:春
花色:萌黄色
その他:


nice!(1)  コメント(0) 

ハナナ(花菜) [野菜]

「菜の花」と分類される植物は存在せず、アブラナ・西洋アブラナを差す総称で、大きく分けると「花菜(ハナナ)」と「油菜(アブラナ)」に分類できます。「菜の花」はアブラナ科 アブラナ属の総称を意味します。

 撮影したものの品種名は「京都伏見寒咲」と呼ばれるものです。
花菜(ハナナ)は春を代表する花のひとつで、観賞用や食用として古くから利用されています。
本品種は早咲き系で分枝性に優れており、より多くの蕾を摘んで野菜と利用することができる他、休耕田などでは観賞用として栽培されることもあります。
「花菜(ハナナ)」は「ちりめん白菜」を改良したもので、葉に縮みがあり、観賞用と食用があります。

ハナナ-1(20190312).jpg ハナナ-2(20190312).jpg ハナナ-3(20190312).jpg ハナナ-4(20190312).jpg ハナナ-5(20190312).jpg ハナナ-6(20190312).jpg ハナナ-7(20190312).jpg
撮影:2019年3月12日 京都府立植物園にて

名称:ハナナ(花菜)
科:アブラナ科 アブラナ属
園芸分類:
形態:一年草
原産地(分布):原種は、西アジアから北ヨーロッパ
品種名:
草丈/樹高:50~80cm
開花期:2~3月
花色:黄色
その他:別読み: 花菜・ナノハナ(菜の花)・ナバナ


nice!(3)  コメント(0) 

ミョウガ(茗荷) [野菜]

ショウガ科の多年草で、日本では本州から沖縄にかけて分布します。やぶの陰などに生え、茎はほぼ1mになり、2列に葉を互生させます。葉身は30cmほどの長楕円(ちょうだえん)形で先が細くとがります。葉鞘(ようしょう)部は茎を抱き、冬には地上部は枯れます。地下部に多肉質の地下茎が横走し、初秋に地下茎の節部から花茎を生じ、その先が地上に現れて花穂をつけます。花穂は多数の包葉が左右2列に重なり、全体は長さ5~7cmでやや扁圧(へんあつ)状となる。包葉は紅褐色。包葉の間から淡黄色の一日花が一つずつ開きます。花は3弁で、雄しべ1本、雌しべ1本となります。
花穂を花ミョウガまたはミョウガの子とよび、食用にします。特有の芳香と辛味があり、和風料理のスパイスとして利用されます。花ミョウガは料理のつま、吸い口、薬味、酢の物、てんぷらなどのに利用されます。

ミョウガの花-1(20181013).jpg ミョウガの花-2(20181013).jpg ミョウガの花-3(20181013).jpg ミョウガの花-4(20181013).jpg
撮影:2018年10月13日 京都府内にて

名称:ミョウガ(茗荷)
科:ショウガ科 ショウガ属
園芸分類:
形態:多年草
原産地(分布):東アジア(温帯)
品種名:
草丈/樹高:1m
開花期:9~10月
花色:淡黄色
その他:


nice!(1)  コメント(0) 

ナノハナ(菜の花) [野菜]

菜の花(なのはな)は、アブラナ科アブラナ属の花の総称となります。特にアブラナまたはセイヨウアブラナの別名としても用いられます。
現代の日本では、菜種油採取用のアブラナ畑はあまり見られなくなりましたが、その他のアブラナ属の野菜も黄色い「菜の花」を咲かせるため、その種子採取用の畑が菜の花畑として親しまれています。

野菜(菜っ葉)の花”という意味から「菜の花」になり、おひたしや和え物(あえもの)として食べられます。
菜の花の別名。
「花菜」(はなな)、「菜花」(なばな)、「菜種」(なたね)
菜の花が咲く頃に降り続く雨を ”菜種梅雨(なたねづゆ)”といいます。

ナノハナ-1(20180215).jpg ナノハナ-2(20180215).jpg ナノハナ-3(20180215).jpg ナノハナ-4(20180215).jpg ナノハナ-5(20180215).jpg
撮影:2018年2月15日 京都府立植物園にて

名称:ナノハナ(菜の花)
科:アブラナ科 アブラナ属
園芸分類:
形態:一年草
原産地(分布):
品種名:
草丈/樹高:
開花期:2~5月
花色:黄色
その他:


nice!(3)  コメント(4) 

ユーフォーピーマン(UFOピーマン) [野菜]

ユニークな形のピーマンで、収穫時期は9~11月となります。
花のように華やかでUFOのように不思議!羽のような部分は甘く、中心部は辛いものも時々混じっているというくせ者ピーマンです。羽の部分はサラダに、辛み分は酢漬けやオイル漬けに。黄緑からオレンジ、赤へと変化し、いつでも収穫できます。 切り枝が花屋さんで販売されるほどかわいいし、まさにUFOですね。見ても良し、食べても良しですね(^_^)ニコニコ

ユーフォーピーマン-1(20171030).jpg ユーフォーピーマン-2(20171030).jpg ユーフォーピーマン-3(20171030).jpg ユーフォーピーマン-4(20171030).jpg
撮影:2017年10月30日 京都府立植物園にて

名称:ユーフォーピーマン(UFOピーマン)
科:ナス科トウガラシ属
園芸分類:
形態:多年草(一年草として栽培される)
原産地(分布):南アメリカ
品種名:
草丈/樹高:
開花期:
花色:
その他:カプシクム・バッカツム(Pimenta Cambuci)


nice!(3)  コメント(0) 

ラッキョウ [野菜]

非常に丈夫で、やせ地でも十分育つため、砂丘や開墾地でも栽培されています。つまり、球根を植えさえすれば、数回追肥するだけで、ほとんど手をかけずに栽培することができます。8月下旬~9月中旬に植えつけると、秋に成長。翌年3~4月に若どりしたものは、エシャレットとして利用されます。
ラッキョウの花は注目されませんが、薄紫色(ピンク)のかわいい釣鐘状の花で10月~11月にかけて咲きます。ラッキョウは種ができないため、もっぱら地下の球でふえます。
 分類としては、京都府立植物園ではヒガンバナ科としていましたが、ユリ科に分類しているところも多く見受けられました。

ラッキョウ-1(20171013).jpg ラッキョウ-2(20171013).jpg ラッキョウ-3(20171013).jpg ラッキョウ-4(20171013).jpg
撮影:2017年10月13日 京都府立植物園にて

名称:ラッキョウ
科:ヒガンバナ科(ユリ科に分類しているところも)
園芸分類:
形態:多年草・野菜
原産地(分布):中国、ヒマラヤ地方
品種名:
草丈/樹高:40~60cm
開花期:10~11月
花色:
その他:


nice!(0)  コメント(0)