So-net無料ブログ作成
観葉植物 ブログトップ

オキザリス・パルマ [観葉植物]

小さな傘のような葉が密生し、孔雀が羽を広げたような美しい葉のオキザリス
夏は休眠し、稀に秋に白い花が咲くそうです。
品種名に、孔雀の舞とつきます。

オキザリス・パルマ-1(20190215).jpg オキザリス・パルマ-2(20190215).jpg オキザリス・パルマ-3(20190215).jpg オキザリス・パルマ-4(20190215).jpg オキザリス・パルマ-5(20190215).jpg
撮影:2019年2月15日 京都府立植物園にて

名称:オキザリス・パルマ
科:カタバミ科 カタバミ属
園芸分類:
形態:耐寒性多年草
原産地(分布):南アフリカ
品種名:
草丈/樹高:
開花期:
花色:
その他:品種名 オキザリス・パルマ  孔雀の舞


nice!(2)  コメント(0) 

マユハケオモト(眉刷毛万年青) [観葉植物]

オモトという名前が付いているため、引っ越し等で贈られる万年青の仲間と間違われますが、マユハケオモトはヒガンバナ科・マユハケオモト属で、万年青(キジカクシ科・オモト属)とは違う種類の植物です。マユハケオモトは南アフリカから熱帯アフリカに分布している球根植物で、その種類は60種程あります。マユハケオモトは冬生育タイプ(夏期休眠性)と夏生育タイプ(冬季休眠性)の大きく2つに分かれます。
 冬生育タイプは葉が分厚く品種によって、夏に葉をつけたまま休眠するタイプと落葉してから休眠するタイプに分かれ、いずれも9~11月に花を咲かせます。夏生育タイプは葉が薄く冬に葉をつけたまま休眠するタイプと落葉して休眠するタイプに分かれ、6~8月に開花し、葉をつけたまま休眠するタイプと落葉してから休眠するタイプがあります。どちらのタイプも葉が出ている期間に球根を生長させ、大きく育った球根は大きな花を咲かせます。
9~11月上旬ごろ、長さ10~20cmの太い花茎を伸ばし、その先端に花が集まり、径7cmほどの白い刷毛(はけ)のようなフサフサの花を咲かせます。
葉っぱは多肉質で、太く、「万年青(おもと)」の葉に似ており、そこから花の形状と合わせて「眉刷毛万年青(まゆはけおもと)」と名付けられたようです。

マユハケオモト-1(20181015).jpg マユハケオモト-2(20181015).jpg マユハケオモト-3(20181015).jpg マユハケオモト-4(20181015).jpg
撮影:2018年10月15日 京都府立植物園にて

名称:マユハケオモト(眉刷毛万年青)
科:ヒガンバナ科 マユハケオモト属
園芸分類:観葉植物
形態:多年草 球根
原産地(分布):熱帯アフリカ~南アフリカ
品種名:
草丈/樹高:10~60cm
開花期:9~11月
花色:白、赤、ピンク
その他:別名・流通名 ハエマンサス


nice!(2)  コメント(0) 

アカリファ・ウィルケシアナ [観葉植物]

トウダイグサ科の低木で南太平洋のニューブリテン島原産とされ、観賞用に広く栽培されています。葉は互生し長い柄があり、葉身は先のとがった広卵形で長さ 10~20cm、縁に鋸歯があり、基部は心形になるものもあります。葉面にピンクや赤銅色の斑点が目立ち、美しい。そのため英名では「銅の葉(Copper leaf)」と呼ばれます。
葉腋から長い紐状の花穂を出し、紅赤色を帯びます。密集する個々の花は小さく、花弁はありません。葉の色や斑の入り方などで多くの園芸品種がある。

アカリファ・ウィルケシアナ-1(20170814).jpg アカリファ・ウィルケシアナ-2(20170814).jpg アカリファ・ウィルケシアナ-3(20170814).jpg アカリファ・ウィルケシアナ-4(20170814).jpg アカリファ・ウィルケシアナ-5(20170814).jpg
撮影:2018年7月4日 京都府立植物園にて

名称:アカリファ・ウィルケシアナ
科:トウダイグサ科 エノキグサ属
園芸分類:
形態:常緑小低木
原産地(分布):南太平洋のニューブリテン島原産
品種名:
草丈/樹高:3~4m
開花期:4~6月
花色:紅赤色
その他:


nice!(2)  コメント(0) 

ヤブコウジ(藪柑子) [観葉植物]

『万葉集』にも山橘(ヤマタチバナ)の名で詠まれたヤブコウジは、古くから日本人に愛されてきた植物です。小型で草のように見えますが、サクラソウ科の常緑木本植物です。
秋から冬にかけて見られる赤い実と照葉が魅力です。日本庭園の代表的な根締めの植物です。日陰や寒さにも強いので、常緑樹の木陰やアトリウムなどに利用できます。
藪の中に自生し、葉や実の感じが日本固有のコウジミカンに似ていることからこの名があるとか。

ヤブコウジ-1(20180730).jpg ヤブコウジ-2(20180730).jpg
撮影:2018年7月30日 京都府立植物園にて

ヤブコウジ-3(20181011).jpg
撮影:2018年10月11日 京都府立植物園にて

ヤブコウジ-4(20190109).jpg ヤブコウジ-5(20190109).jpg
撮影:2019年1月9日 京都府立植物園にて

名称:ヤブコウジ(藪柑子)
科:サクラソウ科 ヤブコウジ属
園芸分類:庭木・花木,観葉植物
形態:常緑低木
原産地(分布):日本、朝鮮半島、中国、台湾
品種名:
草丈/樹高:10~30cm
開花期:7月~8月
花色:白、ピンク
その他:別名、十両(ジュウリョウ)


nice!(2)  コメント(0) 

アオキ [観葉植物]

アオキは常緑性で、しかも耐寒性が強いため、寒い地域では冬の庭を彩る貴重な樹種です。さらに冬には赤くつやのある美しい果実をつけますが、雌花をつける雌株と雄花をつける雄株とに分かれる雌雄異株なので、果実は雌株のみに実ります。花は目立たず、観賞の対象は赤い実と、光沢のある大きな葉です。
若い枝が緑色であるためアオキと呼ばれる(緑色の信号を青信号というようなもの)という説と、一年中、緑色の葉をつけているためアオキと呼ばれるという説があります。枝は成長につれてコルク状の褐色となり、箸に使うこともあったようです。
4~5月にかけて直径1センチ程度の花を咲かせます。花には雌雄がありますが花弁は共に4枚で紫色です。雄花には黄色い「葯」があり、雌花は雄しべが退化し中央部が緑色に見えるのが特徴です。
今回の撮影は雌花のようです。

アオキ-1(20180409).jpg アオキ-2(20180409).jpg アオキ-3(20180409).jpg アオキ-4(20180409).jpg
撮影:2018年4月9日 京都府立植物園にて

アオキ-5(20181227).jpg アオキ-6(20181227).jpg アオキ-7(20181227).jpg アオキ-8(20181227).jpg アオキ-9(20181227).jpg アオキ-10(20181227).jpg
撮影:2018年12月2.57日 京都府立植物園にて

名称:アオキ
科:ミズキ科アオキ属
園芸分類:庭木・花木,観葉植物
形態:常緑低木
原産地(分布):日本(北海道南部~沖縄)
品種名:
草丈/樹高:1~3m
開花期:3~5月
花色:紫褐色
その他:アオキ科 アオキ属と分類されることも


nice!(1)  コメント(0) 

トウガラシ・ホットパープル [観葉植物]

熱帯アメリカ原産の植物です。春にタネをまくと初夏~秋にかけて開花して実を結び、霜が降りる頃に枯れる「春まき一年草」です。寒さに弱く、耐寒性はありません。
激しく辛いハバネロ、日本でも馴染み深いタカノツメ、辛くないピーマンやシシトウ、パプリカなど様々なものが知られています。これらすべてがトウガラシの仲間です。
ホットパープルは観賞用トウガラシとなります。
観賞用トウガラシで江戸時代には既にあったとされています。
トウガラシ・ホットパープルは、葉っぱに白や紫の模様が入ります。
トウガラシ・ホットパープル-1(20170814).jpg トウガラシ・ホットパープル-2(20170814).jpg トウガラシ・ホットパープル-3(20170814).jpg トウガラシ・ホットパープル-4(20170814).jpg トウガラシ・ホットパープル-5(20170814).jpg
撮影:2017年8月14日 京都府立植物園にて

名称:トウガラシ・ホットパープル
科:ナス科
園芸分類:
形態:一年草
原産地(分布):熱帯アメリカ
品種名:
草丈/樹高:60cm-80cm
開花期:6月~8月
花色:
その他:




nice!(0)  コメント(0) 

チュウキンレン(地湧金蓮) [観葉植物]

 中国南部(雲南省)からインドシナ半島の山地(標高2000m前後)に自生するバショウ科ムセラ属の耐寒性多年草で、バナナの仲間です。中国では「地湧金蓮」と書きますが、文字通り蓮に似た鮮やかな黄金色の花が地面から湧き出ているように見えます。茎の高さは60~80㎝、茎の頂部で花びらのように四方に開いている部分は苞で、直径30㎝ほどになります。苞の付け根に見えるたくさんの小さな筒状の器官が1つ1つの独立した花です。それらの花が終ると次の苞が開き、次の花が出てきて開花します。花は春から秋にかけて次々に咲き、長期間(5~11月)咲き続けます。開花した株はバナナ同様に世代交代のために枯れますが、地際に子株が出てくるので、それを次の株として育てます。
なお、黄色の花弁のように見えるのは、実は苞で、本当の花はその間に小さく咲き、あまり目立ちません。
チュウキンレン-1(20170727).jpg チュウキンレン-2(20170727).jpg チュウキンレン-3(20170727).jpg チュウキンレン-4(20170727).jpg
撮影:2017年7月27日 京都府立植物園にて

チュウキンレン-5(20180429).jpg チュウキンレン-6(20180429).jpg チュウキンレン-7(20180429).jpg
撮影:2018年4月29日 京都府立植物園にて

名称:チュウキンレン(地湧金蓮)
科:バショウ科
園芸分類:
形態:耐寒性多年草
原産地(分布):中国雲南省
品種名:
草丈/樹高:60~80㎝
開花期:5~11月
花色:
その他:



nice!(0)  コメント(0) 
観葉植物 ブログトップ