So-net無料ブログ作成

キクザキイチゲ(菊咲一華) [山野草]

北海道、本州の近畿地方以北に分布し、落葉広葉樹林の林床などに生育します。高さ10~20 cm。花期は3~5月で、白色~紫色の花を一輪咲かせます。キクに似た花を一輪つけることからこの名があります。
茎頂に直径約3cmの花をつけ、花弁状の萼片は線状長楕円形で8~13個、雄蕊、雌蕊は多数となります。葯は白色となります。

キクザキイチゲ-4(20190423).jpg キクザキイチゲ-5(20190423).jpg キクザキイチゲ-6(20190423).jpg
撮影:2019年4月23日 京都府立植物園にて

キクザキイチゲ-1(20190416).jpg キクザキイチゲ-2(20190416).jpg キクザキイチゲ-3(20190416).jpg
撮影:2019年4月16日 京都府立植物園にて

名称:キクザキイチゲ(菊咲一華)
科:キンポウゲ科 イチリンソウ属
園芸分類:野に咲く花
形態:多年草
原産地(分布):北海道、本州(近畿地方以北)
品種名:
草丈/樹高:10~20cm
開花期:3~5月
花色:白色~紫色
その他:


nice!(1)  コメント(0)