So-net無料ブログ作成

チゴユリ(稚児百合) [山野草]

東アジアの日本・中国・朝鮮にかけて分布し、日本では、平地から山地の落葉広葉樹林に生える植物で、各地で見られます。
球根はなく、白くてやや太い地下茎を持ちます。花期は4~6月で、茎の先端に1 cmほどのかわいらしい白い花を一つ咲かせ、花後に黒色の液果をつけます。
和名の由来は、小さくて可愛らしいことから「稚児ユリ」と呼ばれます。

チゴユリ-1(20190418).jpg チゴユリ-2(20190418).jpg チゴユリ-3(20190418).jpg チゴユリ-4(20190418).jpg チゴユリ-5(20190418).jpg
撮影:2019年4月18日 京都府立植物園にて

名称:チゴユリ(稚児百合)
科:ユリ科 チゴユリ属(イヌサフラン科ホウチャクソウ属)
園芸分類:山野草
形態:多年草
原産地(分布):千島列島南部、サハリン南部、日本列島、朝鮮半島、中国東部(山東半島)
品種名:
草丈/樹高:10~30cm
開花期:4~6月
花色:白色
その他:


nice!(1)  コメント(0)