So-net無料ブログ作成

ニコチアナ [草花]

ニコチアナは、北アメリカ、南アメリカ、オセアニア、アフリカに約70種が分布するナス科の一年草、または多年草(稀に低木)です。
葉タバコの原料に使われるタバコ(Nicotiana tabacum)の仲間です。
葉にニコチンを含むニコチアナ属の植物の栽培は「たばこ専売法」によって禁止されていましたが、1985年の法改正により、一部の観賞用品種が栽培可能になりました。
たばこ製造に用いられるニコチアナ属の植物を「葉タバコ」、観賞用として栽培可能な種を「花タバコ」として区別しています。

ニコチアナの花期は5月~10月。
花期になると分枝した茎の上部に、円錐状、または総状の花序を出し、花径3~5㎝程度の花を多数咲かせます。
花は基部が長い筒になった筒状花で、花冠は深く5裂して星形に開きます。
花は花期の間次々と開花します。
花には芳香があり、夕方になると甘い香りを漂わせます。
特に白花品種は強い香りを持つことから「ジャスミンタバコ」の別名を持ちます。
花色は赤、ピンク、白、紫、緑、複色。

ニコチアナ-1(20190212).jpg ニコチアナ-2(20190212).jpg ニコチアナ-3(20190212).jpg ニコチアナ-4(20190212).jpg ニコチアナ-5(20190212).jpg
撮影:2019年2月12日 京都府立植物園・早春の草花展にて

名称:ニコチアナ
科:ナス科 タバコ属(ニコチアナ属)
園芸分類:草花
形態:一年草,二年草,多年草
原産地(分布):南米、北米、オセアニア、アフリカ
品種名:
草丈/樹高:30~100cm
開花期:5~10月
花色:白,赤,紫,ピンク,緑,複色
その他:ハナタバコ


nice!(2)  コメント(0) 

ナイト・フロックス [草花]

春の夕方ごろから花が開き始め、夜にかけて甘い香りを強く漂わせます。花弁は内側が白、裏側が赤紫色で、夜間は白い花を楽しめますが、日中に花弁を閉じているときは赤紫色の丸い蕾のように見えます。花径は2cmくらい、1輪は1週間ほど開閉を繰り返します。草姿は分枝してこんもりと茂り、葉は軟毛が密生してやや厚みがあります。
ザルジアンスキア属には35種ほどがあり、栽培されるのは主に「ナイト・フロックス」とも「ミッドナイト・キャンディ」とも呼ばれるザルジアンスキア・カペンシスと、ザルジアンスキア・オヴァタで、原種がそのまま利用されるようです。

ナイト・フロックス-1(20190215).jpg ナイト・フロックス-2(20190215).jpg ナイト・フロックス-3(20190215).jpg ナイト・フロックス-4(20190215).jpg ナイト・フロックス-5(20190215).jpg
撮影:2019年2月15日 京都府立植物園にて

名称:ナイト・フロックス
科:ゴマノハグサ科 ザルジアンスキア属
園芸分類:草花
形態:多年草(一年草扱い)
原産地(分布):南アフリカ
品種名:
草丈/樹高:10~50cm
開花期:4~5月
花色:白(花弁の裏は赤紫色)
その他:その他の名前 ザルジアンスキア


nice!(2)  コメント(0) 

オキザリス・パルマ [観葉植物]

小さな傘のような葉が密生し、孔雀が羽を広げたような美しい葉のオキザリス
夏は休眠し、稀に秋に白い花が咲くそうです。
品種名に、孔雀の舞とつきます。

オキザリス・パルマ-1(20190215).jpg オキザリス・パルマ-2(20190215).jpg オキザリス・パルマ-3(20190215).jpg オキザリス・パルマ-4(20190215).jpg オキザリス・パルマ-5(20190215).jpg
撮影:2019年2月15日 京都府立植物園にて

名称:オキザリス・パルマ
科:カタバミ科 カタバミ属
園芸分類:
形態:耐寒性多年草
原産地(分布):南アフリカ
品種名:
草丈/樹高:
開花期:
花色:
その他:品種名 オキザリス・パルマ  孔雀の舞


nice!(2)  コメント(0) 

ゴールデンクラッカー [花木]

南アフリカ原産、キク科の常緑低木です。95種あるユリオプス属のひとつで、その中でもゴールデンクラッカーはバージネウスという品種です。同じ仲間に日本でも古くから親しまれているユリオプスデージーがあります。
枝は松葉を細かくしたような細い感じで、その先端に1cmほどの黄色い花を枝いっぱいに付ける姿はまさに「花がはじける」といった形容がふさわしく、ゴールデンクラッカーの名前もそこから来ているようです。
 ゴールデンクラッカーの花期は1月~5月。
花期になると、枝先の葉の付け根から花柄を伸ばし、花径0.5~1㎝程度の黄色い頭状花を咲かせます。
一輪の花のように見えるのは、小さな花が集まった集合花で、中心部分の筒状花と、周囲で花弁のように見える舌状花から形成されています。
目に鮮やかな黄色の小花が、枝先にこぼれるように咲く様子は華やかです。
花色は黄色のみ。

ゴールデンクラッカー-1(20190214).jpg ゴールデンクラッカー-2(20190214).jpg ゴールデンクラッカー-3(20190214).jpg
撮影:2019年2月14日 京都府立植物園にて

名称:ゴールデンクラッカー
科:キク科 ユリオプス属
園芸分類:
形態:常緑低木
原産地(分布):南アフリカ
品種名:
草丈/樹高:5~150㎝
開花期:1~5月
花色:黄色
その他:別名:ユリオプス・ゴールデンクラッカー


nice!(2)  コメント(0) 

エンドウ ツタンカーメン [つる性]

この濃い紫色のさやをしたエンドウ豆は、古代エジプトのツタンカーメン王の墓から出土した豆の子孫といわれています。1992年にカーター氏がツタンカーメンの墓を発掘した際に数多くの副葬品の中から見つかったとされ、それを持ち帰ったカーター氏が発芽、栽培に成功し、「ツタンカーメンのエンドウ豆」として各地に広めたとされています。
このツタンカーメンのエンドウ豆、蔓の様子は普通のエンドウ豆と変わらないのですが、エンドウの花が白いのに対して、このツタンカーメンのエンドウ豆の花は紫色をしています。そして何よりも、サヤの色が濃い紫色です。この紫色は熟すにつれ少し薄れて、地の緑色が透けて見えるような感じになってきます。そうなった頃が収穫時とのことのようです。

ツタンカーメン王の墓から出土した豆かどうかは定かではないとのうわさもありますが、ロマンがありますよね。

エンドウ豆の品種名がツタンカーメンとなります。

エンドウ ツタンカーメン-1(20190212).jpg エンドウ ツタンカーメン-2(20190212).jpg エンドウ ツタンカーメン-3(20190212).jpg エンドウ ツタンカーメン-4(20190212).jpg エンドウ ツタンカーメン-5(20190212).jpg
撮影:2019年2月12日 京都府立植物園にて

名称:エンドウ ツタンカーメン
科:マメ科 エンドウ属
園芸分類:つる性
形態:一・二年草
原産地(分布):ヨーロッパ、地中海沿岸
品種名:
草丈/樹高:1.5~3m
開花期:4~5月
花色:紫色
その他:


nice!(2)  コメント(2) 

カナリナ・カナリエンシス [つる性]

カナリナ・カナリエンシスは、数あるカナリア諸島出身の植物の代表中の代表で、種小名にも「カナリエンシス」とカナリア諸島由来なため文字通りカナリア諸島の象徴的植物になります。
日本に野生するホタルブクロ属と近縁ですが、ホタルブクロの茎葉が対生であるのに対して、本属は互生です。花期は10~4月。釣り鐘型のオレンジ色の花をつけます。たこさんウインナーのような色のようにも見えたりして!

カナリナ・カナリエンシス-1(20190212).jpg カナリナ・カナリエンシス-2(20190212).jpg カナリナ・カナリエンシス-3(20190212).jpg カナリナ・カナリエンシス-4(20190212).jpg
撮影:2019年2月12日 京都府立植物園・早春の草花展にて

名称:カナリナ・カナリエンシス
科:キキョウ科 カナリナ属
園芸分類:半つる性
形態:耐寒性多年草
原産地(分布):カナリア諸島(テネリフェ島)
品種名:
草丈/樹高:1~1.5m
開花期:春(株によっては12月~1月頃に開花)
花色:赤~オレンジ色
その他:別名 「カナリーキキョウ」


nice!(1)  コメント(0) 

ヒメリュウキンカ(姫竜金花)”マヨール” [草花]

日本に自生する野草の「立金花」に似ていますがヨーロッパ原産種の植物です!
イギリスからロシアにかけて自生する植物ですから耐寒性も強く丈夫です。

ヒメリュキンカ-1(20180222).jpg ヒメリュキンカ-2(20180222).jpg ヒメリュキンカ-3(20180222).jpg ヒメリュキンカ-4(20180222).jpg ヒメリュキンカ-5(20180222).jpg
撮影:2018年2月22日 京都府立植物園にて

名称:ヒメリュウキンカ(姫竜金花)”マヨール”
科:キンポウゲ科 キンポウゲ属
園芸分類:山野草
形態:耐寒性宿根草
原産地(分布):イギリス(ヨーロッパ各地)
品種名:
草丈/樹高:5~10cm
開花期:2~4月
花色:黄色
その他:


nice!(2)  コメント(0) 

ベニジューム [草花]

花の中心部の黒い模様が、蛇の目のようなのでジャノメギク(蛇の目菊)とも呼ばれています。葉には細い毛が生えシルバーがかっていて綺麗です。鮮やかな橙色の花の他、白や黄色い花もあります。花は曇りや雨の日、夕暮れになると閉じてきます。
別名:ジャノメギク(蛇の目菊)

ベニジューム-1(20190208).jpg ベニジューム-2(20190208).jpg ベニジューム-3(20190208).jpg ベニジューム-4(20190208).jpg ベニジューム-5(20190208).jpg
撮影:2019年2月8日 京都府立植物園・早春の草花展にて

名称:ベニジューム
科:キク科 ベニジューム属
園芸分類:
形態:半耐寒性 1年草
原産地(分布):南アフリカ
品種名:
草丈/樹高:60~80cm
開花期:4~5月
花色:橙色、白、黄色
その他:


nice!(2)  コメント(0) 

ピメレア フィソデス [花木]

オーストラリア原産でジンチョウゲ科ピメレア属の常緑小低木で、ベルのような可愛い花を下向きに咲かせます。
英名を「Qualup Bell(クオラップ・ベル)」といい、名が示すように、紫色からクリーム色のグラデーションの、ベルのような可愛い花を下向きに咲かせます。
まだ、あまり流通していないようであまり情報が見つかりませんでした。

ピメレア フィソデス-1(20190208).jpg ピメレア フィソデス-2(20190208).jpg ピメレア フィソデス-3(20190208).jpg ピメレア フィソデス-4(20190208).jpg ピメレア フィソデス-5(20190208).jpg ピメレア フィソデス-6(20190208).jpg ピメレア フィソデス-7(20190208).jpg
撮影:2019年2月8日 京都府立植物園・早春の草花展にて

名称:ピメレア フィソデス
科:ジンチョウゲ科 ピメレア属
園芸分類:花木
形態:常緑小低木
原産地(分布):オーストラリア原産
品種名:
草丈/樹高:
開花期:12~4月(環境、生育状況によって変わります)
花色:紫色からクリーム色
その他:


nice!(2)  コメント(0) 

ツバキ(椿)各種(その2) [花木]

玉兎(タマウサギ)

白色 重ねの厚い千重咲き 細長い樋状弁は時に列弁咲きにもなる 中輪
樋状の細長い花びらが菊のように尖って見え、外弁から順に小さくなっているため 重なり合って整然と並んでいます。
開花期:3~5月
花色:白色
その他:別名 白菊(シラギク)
タマウサギ-1(20190207).jpg タマウサギ-2(20190207).jpg タマウサギ-3(20190207).jpg タマウサギ-4(20190207).jpg タマウサギ-5(20190207).jpg タマウサギ-6(20190207).jpg
撮影:2019年2月7日 京都府立植物園にて



白角の倉(シロスミノクラ)

純白・千重咲きのツバキで、別名を白澄 (シラスミ) と言われます。
この「白角の倉」は元和・寛永時代に安楽庵策伝 (あんらくあん さくでん、1554~1642) が編纂した 『百椿集』や 『剪花翁伝』 にも見られる古い椿で、角倉素庵 (すみのくら そあん) が発見者とされているそうです。

白角の倉-1(20190208).jpg 白角の倉-2(20190208).jpg 白角の倉-3(20190208).jpg 白角の倉-4(20190208).jpg 白角の倉-5(20190208).jpg 白角の倉-6(20190208).jpg
撮影:2019年2月8日 京都府立植物園にて



花見車(ハナミグルマ)

白色地 紅色大小縦絞り 一重 椀~平開咲き 輪芯 中輪

花見車-1(20190208).jpg 花見車-2(20190208).jpg 花見車-3(20190208).jpg 花見車-4(20190208).jpg
撮影:2018年10月17日 京都府立植物園にて



白聚楽(ハクジュラク)

白色 一重 平開咲き 筒しべ 大輪
詳細不明
白聚楽-1(20190208).jpg 白聚楽-2(20190208).jpg 白聚楽-3(20190208).jpg 白聚楽-4(20190208).jpg
撮影:2019年2月8日 京都府立植物園にて





nice!(1)  コメント(0)