So-net無料ブログ作成

ハネミイヌエンジュ(翅実犬槐) [落葉樹]

高さ約15mほどになる落葉高木。樹皮は緑褐色で平滑、丸い皮目があります。枝は折るとソラマメに似た臭気がするとか?。葉は奇数羽状複葉。小葉は4~7対あり、長さ3~6cmの卵形で、裏面には短毛が生えます。枝先に総状花序を数個出し、長さ7~10mmの蝶形花を多数つけます。果実は豆果。長さ3~9cmの広線形、10~11月に熟しますが、裂開はしません。

「イヌ」の付く木は多いですね。イヌビワ、イヌツゲ、イヌブナ、イヌシデ、イヌザンショウ、イヌガヤ...。いずれも、本物よりは少し劣る、役に立たないなどの表現のようです。チョッと可哀そう。犬は役に立つ動物なのになぜかな?。

ハネミイヌエンジュ-1(20180730).jpg ハネミイヌエンジュ-2(20180730).jpg ハネミイヌエンジュ-3(20180730).jpg ハネミイヌエンジュ-4(20180730).jpg ハネミイヌエンジュ-5(20180730).jpg
撮影:2018年7月30日 京都府立植物園にて

ハネミイヌエンジュ-6(20180914).jpg
撮影:2018年9月1月4日 京都府立植物園にて

名称:ハネミイヌエンジュ(翅実犬槐)
科:マメ科イヌエンジュ属
園芸分類:
形態:落葉高木
原産地(分布):本州(中部地方以西)、四国、九州
品種名:
草丈/樹高:15mほど
開花期:7~8月
花色:
その他:果期10月~11月


nice!(3)  コメント(0) 

ウスゲクロモジ(薄毛黒文字) [落葉樹]

ウスゲクロモジは、中国地方以西、朝鮮に分布するケクロモジの変種で葉の表面の短毛がなく、ビロード状にならないものとなります。葉は互生し、全縁で、先がとがった狭倒卵形。葉の表面に短毛はなく、裏面の葉脈がケクロモジと同じようにはっきり隆起します。これに対し、クロモジは葉の表面が無毛で、裏面の葉脈がほとんど隆起しません。
雌雄別株。葉の展開と同時に黄緑色の花を咲かせます。花被片は6個となります。
材には芳香があり、楊枝や手工品に使われます。

ウスゲクロモジ-1(20180421).jpg ウスゲクロモジ-2(20180421).jpg ウスゲクロモジ-3(20180421).jpg ウスゲクロモジ-4(20180421).jpg ウスゲクロモジ-5(20180421).jpg
撮影:2018年4月21日 京都府立植物園にて

名称:ウスゲクロモジ(薄毛黒文字)
科:クスノキ科 クロモジ属
園芸分類:
形態:落葉低木
原産地(分布):在来種(日本固有種)  本州(関東地方以西)、四国、九州
品種名:
草丈/樹高:2~3m
開花期:4~5月
花色:黄緑色
その他:9~10月 液果


nice!(3)  コメント(0) 

ソバナ(岨菜) [草花]

花茎の高さは50~100cmになり、葉は茎に互生し、茎の下部につく葉には長い葉柄があります。葉柄のつく葉の形は広卵形で、花がつく茎の上部は広披針形になり、いずれも縁は鋸歯状です。
花期は8~9月頃で、青紫色の円錐状に近い鐘形の花を咲かせます(今回撮影したのは、花が白く「シロバナソバナ 」と呼ばれるもの)。大きい株になると枝を数段に互生させ、多数の花をつけます。花のがく片は披針状で全縁。雌しべは花から突出しません。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)です。

ツリガネニンジン とよく似ていますが、花が輪生するツリガネニンジンとは異なり、一つづつ花が付きます。名前は葉の形がソバの葉に似ているから、という説と、切り立った崖「岨」に咲くからという説があります。「岨」の字は、「切り立った崖(がけ)」という意味

ソバナ-1(20180723).jpg ソバナ-2(20180723).jpg ソバナ-3(20180723).jpg ソバナ-4(20180723).jpg ソバナ-5(20180723).jpg
撮影:2018年7月23日 京都府立植物園にて

名称:ソバナ(岨菜)
科:キキョウ科 ツリガネニンジン属
園芸分類:
形態:多年草
原産地(分布):本州、四国、九州  朝鮮半島、中国
品種名:
草丈/樹高:50~100cm
開花期:8~9月
花色:青紫色 (今回の撮影は白色)
その他:「蕎麦菜」という漢字あてることもあるそうです。


nice!(2)  コメント(0) 

スズカケソウ(鈴懸草) [山野草]

高さ1m前後の多年草。茎はややツル状に伸びて葉は卵形で互生です。葉先は長くとがっており、葉の縁にあらい鋸歯があります。花は青紫色で葉の付け根に小さな花が集まって球形につきます。
花の形がモミジバスズカケノキなどの実のように、山伏の付ける鈴懸けに似ていることからこの名前がついたようです。
めったに見かけない山野草で、絶滅が危惧される種類とのことです。
中国大陸南部の林中に自生し、日本では岐阜県大垣市にのみ自生するとされていますが、江戸時代に栽培された古い園芸植物であり、自生かどうか疑わしいとも言われているようです。

スズカケソウ-11(20190724).jpg スズカケソウ-12(20190724).jpg スズカケソウ-13(20190724).jpg スズカケソウ-14(20190724).jpg スズカケソウ-15(20190724).jpg スズカケソウ-16(20190724).jpg スズカケソウ-17(20190724).jpg
撮影:2019年7月24日 京都府立植物園にて

名称:スズカケソウ(鈴懸草)
科:ゴマノハグサ科 クガイソウ属
園芸分類:
形態:多年草
原産地(分布):中国大陸南部
品種名:
草丈/樹高:1~1.5m
開花期:7~8月
花色:濃紫色
その他:絶滅が危惧される種類


nice!(2)  コメント(0) 

ハマヤブマオ(浜藪苧麻) [山野草]

茎の下部は木質化し、葉は卵形で長さが10~15cmと大きく、向かい合って生える対生となります。
藪苧麻(ヤブマオ)と比べると、葉が大きい、重鋸歯(ぎざぎざが二重)とならない、葉の裏面にビロード状に毛が密生するなどの特徴があります。
開花時期は7~10月で、雌雄同株となります。
雄花序は下部の葉のつけ根につき、雌花序は上部の葉のつけ根につき、雄花穂は球状、雌花穂は穂状になります。
花の後にできる果実(痩果)は集団になり、長い穂状になります。

ハマヤブマオ-1(20180720).jpg ハマヤブマオ-2(20180720).jpg ハマヤブマオ-3(20180720).jpg ハマヤブマオ-4(20180720).jpg ハマヤブマオ-5(20180720).jpg
撮影:2018年7月20日 京都府立植物園にて

名称:ハマヤブマオ(浜藪苧麻)
科:イラクサ科 カラムシ属
園芸分類:
形態:多年草
原産地(分布):本州から沖縄 中国やインドシナ半島
品種名:
草丈/樹高:70~150cm
開花期:7~10月
花色:
その他:


nice!(2)  コメント(0) 

ミツバウツギ(三葉空木) [花木]

山林によく見られ、日本全国のほか東アジア一帯に分布します。若葉はゆでて山菜として食用にされそうです。葉は三出複葉で対生。花は5~6月に枝先に円錐花序をなして咲きます。完全に開かない花が多いとのことですが、花弁・がく(各5枚)とも白です。果実は偏平で折り紙の奴さんの袴に形はそっくり。偏平で膨らみがあり、中には1~3個の淡黄色の種子があります。
先の尖った軍配のような形をしたさく果。
名前の由来は、葉が3出複葉で、花がユキノシタ科のウツギに似ることからのようです。
今年は、花の撮影ができませんでした。また、来年に挑戦です。

ミツバウツギ-1(20180528).jpg ミツバウツギ-2(20180528).jpg
撮影:2018年5月28日 京都府立植物園にて

ミツバウツギ-3(20180719).jpg ミツバウツギ-4(20180719).jpg ミツバウツギ-5(20180719).jpg
撮影:2018年7月19日 京都府立植物園にて

名称:ミツバウツギ(三葉空木)
科: ミツバウツギ科 ミツバウツギ属
園芸分類:
形態:落葉低木
原産地(分布):北海道、本州、四国、九州、朝鮮、中国
品種名:
草丈/樹高:3~4m
開花期:5~6月
花色:白色
その他:


nice!(2)  コメント(0) 

ウバユリ(姥百合) [球根]

日本、千島、サハリンなどに分布し、主に山地の林の下や藪など、薄明るい場所に自生します。ユリ科の植物で、ユリに似た花をつけますが、葉は大きく異なります。本来のユリとは属が異なります(本来のユリはリリウム属、ウバユリはカルディオクリナム属)。
根は茎の下部から多数で、鱗茎(球根)は葉柄の下部がふくれたものです。若苗は根出葉だけですが、年を経て鱗茎が太ると、大きな茎が伸び50~100cmに達し、花をつけます。
つぼみは長さ10cm前後の棒状、花びらは付け根まで大きく6つに裂けていますが大きくは開かず、先端がやや反ったラッパ型になります。 色は緑色がかった白で、花びらの先端や内側の奥の方に赤褐色の斑点があります。長さ4~5cmで楕円形の果実をつけます。扁平な種子には広い膜があり、長さ11~13mmの鈍3角形になります。
漢字を当てると「姥百合」で、姥は老いた女性のことを指します。花が咲く頃に葉がない姿を、『歯(葉)がない=姥』という洒落で付けた名前だと言われています。

ウバユリ-1(20180713).jpg ウバユリ-2(20180713).jpg ウバユリ-3(20180713).jpg
撮影:2018年7月13日 京都府立植物園にて

ウバユリ-4(20180717).jpg ウバユリ-5(20180717).jpg ウバユリ-6(20180717).jpg ウバユリ-7(20180717).jpg ウバユリ-8(20180717).jpg ウバユリ-9(20180717).jpg
撮影:2018年7月17日 京都府立植物園にて

ウバユリ-10(20180921).jpg ウバユリ-11(20180921).jpg
撮影:2018年9月21日 京都府立植物園にて

名称:ウバユリ(姥百合)
科:ユリ科 ウバユリ属
園芸分類:
形態:多年草
原産地(分布):日本、千島、サハリン
品種名:
草丈/樹高:60~100cm
開花期:7~8月
花色:緑白色
その他:


nice!(3)  コメント(2) 

モッコウバラ(木香薔薇) [つる性]

中国原産のバラの原種の1つです。つる性のいわゆるつるバラと呼ばれ、で枝にはトゲがなく、4~5月に花を咲かせます。花は直径2~3cmほどと小柄です。
モッコウバラには白と黄色があります。白には香りがあり、黄色にはありません。性質としては黄色の方が強く、育てやすい。白は綺麗ですが散る前は変色してしまいます(汚い)。
一般的にモッコウバラといった場合には、黄色の八重咲を指します。

モッコウバラ-1(20180424).jpg モッコウバラ-2(20180424).jpg モッコウバラ-3(20180424).jpg モッコウバラ-4(20180424).jpg モッコウバラ-5(20180424).jpg モッコウバラ-6(20180424).jpg モッコウバラ-7(20180424).jpg モッコウバラ-8(20180424).jpg
撮影:2018年4月19日 京都府立植物園にて

名称:モッコウバラ(木香薔薇)
科:バラ科 バラ属
園芸分類:
形態:常緑つる性低木
原産地(分布):中国原産
品種名:
草丈/樹高:
開花期:4~5月
花色:白または黄色
その他:


nice!(1)  コメント(0) 

コスモス [草花]

コスモスは、キク科・コスモス属に分類される一年草の総称です。メキシコが原産で、夏から秋に花を咲かせます。ピンクや白に加えて濃赤、黄やオレンジ色、複色が登場し、年々カラフルになっています。性質はいたって丈夫で、日当たりと風通しがよい場所であれば、あまり土質を選ばずに育ちます。
日本の秋の風物詩となっているコスモスは、コスモス・ビピンナツス(Cosmos bipinnatus)という種類です。このコスモス・ビピンナツスは、日が短くなると花芽をつける短日植物なので、かつては夏にタネをまき、秋に花を楽しむものでした。和名の秋桜は、その開花期にぴったりの名前です。

コスモス-1(20171013).jpg コスモス-2(20171013).jpg コスモス-3(20171013).jpg コスモス-4(20171013).jpg コスモス-5(20171013).jpg コスモス-6(20171013).jpg コスモス-7(20171013).jpg
撮影:2017年10月13日 京都府立植物園にて

名称:コスモス
科:キク科 コスモス属
園芸分類:草花
形態:一年草
原産地(分布):メキシコ
品種名:
草丈/樹高:50~120cm
開花期:6~11月
花色:赤,白,ピンク,オレンジ,黄,複色
その他:和名:アキザクラ(秋桜)


nice!(2)  コメント(0) 

アンドロシンビウム・キリオラッム [球根]

南アフリカ原産で、花茎をのばさず地表すれすれで花芽をつけ開花する球根植物です。
白い花びらのように見えるのは苞(ホウ)と呼ばれる葉が変化したもので、中心に小さな花亜を数輪咲かせます。
他にも赤い花を咲かせるものなど約10種類が知られています、この仲間は、耐寒性が弱いため日本では周年栽培は難しく、観賞できる機会は少ないとのことです。

アンドロシンビウム-1(20180213).jpg アンドロシンビウム-2(20180213).jpg アンドロシンビウム-3(20180213).jpg アンドロシンビウム-4(20180213).jpg アンドロシンビウム-5(20180213).jpg
撮影:2018年2月13日 京都府立植物園にて

名称:アンドロシンビウム・キリオラッム
科:チゴユリ科
園芸分類:
形態:球根植物
原産地(分布):南アフリカ
品種名:
草丈/樹高:
開花期:1~2月
花色:白色
その他:


nice!(1)  コメント(0)