So-net無料ブログ作成

セイヨウオダマキ(西洋苧環) [草花]

現在の日本で西洋オダマキと呼ばれているものは、ヨーロッパ原産のアクイレギア・ブルガリスと北米産の大輪の花を咲かせる数種との交配種をさすようになっています。オダマキの仲間はもともと雑種をつくりやすいこともあって、きわめて多数の園芸品種がありますが、多くの場合、国内では個々の品種名を明記せずに色別や混合種子の形で流通しています。
いずれも丈夫な宿根草で、高さ30~50cmになり、株の中心からまっすぐ伸びた茎に赤、黄、青紫、白、桃色などの4~5cmの花を多数咲かせます。葉は根元にまとまってつきます。

セイヨウオダマキ-1(20180227).jpg セイヨウオダマキ-2(20180227).jpg セイヨウオダマキ-3(20180227).jpg セイヨウオダマキ-4(20180227).jpg セイヨウオダマキ-5(20180227).jpg
撮影:2018年2月27日 京都府立植物園「早春の草花展」にて

名称:セイヨウオダマキ(西洋苧環)
科:キンポウゲ科 オダマキ属
園芸分類:草花
形態:多年草
原産地(分布):北米大陸、ユーラシア
品種名:
草丈/樹高:30~50cm
開花期:4~6月
花色:白,ピンク,赤,オレンジ,黄,青,紫,茶,黒
その他:


nice!(2)  コメント(0) 

ハナカンザシ(花かんざし) [草花]

「花かんざし」は、かさかさとしたかわいらしい花が株一面に咲き、冬から春のコンテナの寄せ植えなどに多く利用されます。花は各枝先に1輪ずつですが、よく枝分かれするので、5月ごろまで次々と咲き続けます。花色は白だけで、花径は2cmくらい、夜間は閉じます。温室栽培の鉢花は12月ごろから出回ります。
ドライフラワーのような手触りのハナカンザシの花。つぼみはピン色、開花したときには白色に変化します。

ハナカンザシの小さな白い花は、見ている人の心を和ませてくれます。そんな花の雰囲気から連想して、『明るい性格』『伝わる気持ち』という花言葉があてられています。

ハナカンザシ-1(20180221).jpg ハナカンザシ-2(20180221).jpg ハナカンザシ-3(20180221).jpg ハナカンザシ-4(20180221).jpg
撮影:2018年2月21日 京都府立植物園「早春の草花展」にて

名称:ハナカンザシ(花かんざし)
科:キク科 ローダンテ属
園芸分類:草花
形態:多年草(一年草扱い)
原産地(分布):オーストラリア
品種名:
草丈/樹高:15~30cm
開花期:3~5月(流通は12月~3月ごろ)
花色:白色
その他:


nice!(1)  コメント(0) 

ネコヤナギ(猫柳) [落葉樹]

山間部の渓流から町中の小川まで、広く川辺に自生する、ヤナギの1種です。
北海道~九州までの河川の水辺で見られ、早春に川辺で穂の出る姿は美しい。他のヤナギ類の開花よりも一足早く花を咲かせることから、春の訪れを告げる植物ともみなされていまう。暖かく湿潤な環境を好み、他のヤナギ類よりも水際に生育し、株元は水に浸かるところに育ちます。根元からも枝を出し、水に浸ったところからは根を下ろして株が増えます。葉は細い楕円形でつやがありません。初夏には綿毛につつまれた種子を飛ばします。
花期は2~4月。雌雄異株で、雄株と雌株がそれぞれ雄花と雌花を咲かす。花の高さは3mほどです。
銀白色の毛で目立つ花穂が特徴的であり、「ネコヤナギ」の和名はこれをネコの尾に見立てたことによります。
別名は、「狗尾柳」(えのころやなぎ) 花を小犬の尾にたとえたとのことです。

ネコヤナギ-1(20180213).jpg ネコヤナギ-2(20180213).jpg ネコヤナギ-3(20180213).jpg
撮影:2018年2月13日 京都府立植物園にて

ネコヤナギ-4(20180228).jpg
撮影:2018年2月28日 京都府立植物園にて


◇ネコヤナギの花穂をマクロでみると、不思議な花の集まりが見えます。
ネコヤナギ-5(20180301).jpg ネコヤナギ-6(20180301).jpg ネコヤナギ-7(20180301).jpg ネコヤナギ-8(20180301).jpg ネコヤナギ-9(20180301).jpg
撮影:2018年3月1日 京都府立植物園にて

ネコヤナギ-11(20190301).jpg ネコヤナギ-12(20190301).jpg ネコヤナギ-13(20190301).jpg ネコヤナギ-14(20190301).jpg
撮影:2019年3月1日 京都府立植物園にて

名称:ネコヤナギ(猫柳)
科:ヤナギ科 ヤナギ属
園芸分類:
形態:落葉低木
原産地(分布):北海道から九州にかけて分布。海外では、朝鮮半島、中国にも分布。
品種名:
草丈/樹高:2~3m
開花期:2~4月
花色:白色
その他:


nice!(1)  コメント(0) 

バイカオウレン(梅花黄蓮) [山野草]

花は全体に丸っこい印象で、如何にも可愛らしい。この丸みを帯びて幅の広い萼片が梅の花を思い起こさせることが「梅花」の名の由来のようです。
常緑の多年草で、山地の森林内にある、腐植質に富んだ湿った場所に生えています。
花の直径は1.5cmほどで、白い花弁に見える部分は萼片です。花は、根元からまっすぐに伸びた高さ3~10cmの花茎の先端に1輪咲きます。花弁は蜜腺に退化しており、黄色く目立ちます。蜜腺の先端の広がっている部分(舷部)は平たく皿状で、雌しべの花柱(雌しべの細い部分)はまっすぐです。葉は5枚の小葉からなり、革質で光沢があり、葉脈がへこんでいます。根元からほふく枝を伸ばしてふえるので、自生地では群生しているのが普通です。

バイカオウレン-5(20180227).jpg バイカオウレン-2(20180224).jpg バイカオウレン-3(20180224).jpg バイカオウレン-4(20180224).jpg バイカオウレン-6(20180227).jpg バイカオウレン-7(20180227).jpg
撮影:2018年2月24日 京都府立植物園・「早春の草花展」にて

名称:バイカオウレン(梅花黄蓮)
科:キンポウゲ科 オウレン属
園芸分類:山野草
形態:多年草
原産地(分布):本州(東北地方南部~近畿、中国地方西部)
品種名:
草丈/樹高:3~10cm
開花期:2月~3月
花色:白色
その他:


nice!(2)  コメント(0) 

スキゾペタロン・ワルケリー [草花]

この花は夕方から開花してアーモンドのようないい香りを出します。昼の晴れた日には花弁を巻くようにして閉じていますが、曇りや雨の日には花弁の開いた姿をみることができます。
直径が1センチから2センチほどの小さな花で、羽状に深く分裂した葉を持ち、春~夏(3~6月)、切れ込みの入った花は夕方から開花してアーモンドのようないい香りを出す。花弁の外側は黄緑色で、切れ込みの深い花弁が開くと内側は白です。
まるで雪の結晶のようにも見えますよね。

スキゾペタロン-1(20180215).jpg スキゾペタロン-2(20180215).jpg スキゾペタロン-3(20180215).jpg スキゾペタロン-4(20180215).jpg スキゾペタロン-5(20180215).jpg
撮影:2018年2月15日 京都府立植物園「早春の草花展」にて

名称:
科:アブラナ科 イヌガラシ属
園芸分類:
形態:一年草
原産地(分布):南米原産
品種名:
草丈/樹高:30cm
開花期:3~6月
花色:白色
その他:


nice!(1)  コメント(0) 

ツクシ(土筆) [山野草]

スギナ(杉菜)はシダ植物の一種で、花は咲かせず胞子によって増えます。
そのスギナの胞子をつける特別な茎が春先に芽生えるのがツクシ(土筆)となります。
スギナは原っぱなどにいっぱい繁るいわゆる雑草の一種で、とってもとってもまた生えてきます。しかし秋には枯れてしまい、冬の間は枯れ草しか見られません。でも、地下茎や根は生きていて、そこから翌年にまず生えてくるのが、胞子をつける特別な茎(胞子茎-ほうしけい)のツクシです。
なお、ツクシの穂を放置すると、緑色を帯びたほこりの様なものがたくさん出てきます。これが、胞子です。

ツクシ-1(20180224).jpg ツクシ-2(20180224).jpg ツクシ-3(20180224).jpg ツクシ-4(20180224).jpg
撮影:2018年2月24日 京都府立植物園「早春の草花展」にて

名称:ツクシ(土筆)
科:トクサ科 トクサ属
園芸分類:
形態:多年草
原産地(分布):
品種名:
草丈/樹高:10~15cm
開花期:3~4月
花色:
その他:


nice!(3)  コメント(0) 

キリシマミズキ(霧島水木) [落葉樹]

3~4月頃、葉の展開に先立って、7~10個の花からなる花序を作り、薄黄色の花をぶら下げるように咲かせます。花弁は5枚、雄しべは5本で、葯は山吹色。雄しべは花弁よりも短く、果実は広倒卵形の蒴果となります。
よく似た土佐水木や日向水木はよく見かけますが、このキリシマミズキは珍しいかも?

「トサミズキ」は大型で、花序軸は無毛で、ひとつの花序に付く花数は1~3個で、葯は暗赤色。
「ヒュウガミズキ」は小型で、花序軸に毛が密生し、ひとつの花序に付く花数は7~10個で、葯は山吹色。
「キリシマミズキ」は大型で、ひとつの花序に付く花数は7~10個で、葯は山吹色。
「シナミズキ」は大型で、ひとつの花序に付く花数は10~15個で、葯は山吹色。花に芳香があります。

キリシマミズキ-1(20180215).jpg キリシマミズキ-2(20180215).jpg キリシマミズキ-3(20180215).jpg キリシマミズキ-4(20180215).jpg キリシマミズキ-5(20180215).jpg
撮影:2018年2月15日 京都府立植物園「早春の草花展」にて

名称:キリシマミズキ(霧島水木)
科:マンサク科 トサミズキ属
園芸分類:
形態:低木落葉樹
原産地(分布):日本(九州の霧島山、四国の一部)
品種名:
草丈/樹高:3m
開花期:3~4月ごろ
花色:黄色
その他:


nice!(2)  コメント(0) 

ウグイスカグラ(鶯神楽) [落葉樹]

北海道南部~四国の山野の日当たりのよいところ普通に生えます。よく分枝して茂り、高さ3mほどになります。樹皮は灰褐色。縦に裂けてはがれ落ちます。
3~5月に、葉腋から細い柄を出して、先に1個(まれに2個)の淡紅色の花を咲かせます。花冠は細い漏斗型で、先は5裂して平開となります。
果実は液果で長さ1~1.5cmの楕円形。6月ごろに赤く熟します。この実は甘く食べることができます。一説には、この実をウグイスがついばむ姿が神楽を踊っているように見えることが名前の由来とも言われています。
花言葉 「未来を見つめる、明日への希望」

ウグイスカグラ-11(20180324).jpg ウグイスカグラ-12(20180324).jpg ウグイスカグラ-13(20180324).jpg ウグイスカグラ-14(20180324).jpg ウグイスカグラ-15(20180324).jpg
撮影:2018年3月24日 京都府立植物園にて

ウグイスカグラ-2(20180221).jpg
撮影:2018年2月21日 京都府立植物園にて

ウグイスカグラ-7(20180224).jpg ウグイスカグラ-8(20180224).jpg
撮影:2018年2月24日 京都府立植物園にて


ウグイスカグラ-16(20180517).jpg ウグイスカグラ-17(20180517).jpg
撮影:2018年5月17日 京都府立植物園にて

名称:ウグイスカグラ(鶯神楽)
科:スイカズラ科 スイカズラ属
園芸分類:
形態:落葉低木
原産地(分布):北海道(南部)、本州、四国、九州
品種名:
草丈/樹高:3m
開花期:3~5月
花色:淡紅色
その他:


nice!(0)  コメント(0) 

シデコブシ (四手辛夷) [落葉樹]

花の色は白ないし淡い紅色で、花径は7~12センチくらいあり、細長いリボン状の花びら(花被片)を12~18枚外向きにつけます。
「生きている化石」とも言われる貴重な植物と言われています。
環境省のレッドリスト(2007)では、準絶滅危惧(NT)に登録されているとのことです。
「四手」というのは「玉串や注連縄(しめなわ)などに下げる紙」のことで、花の様子を見立てたものと言われています。
別名を姫辛夷(ヒメコブシ)ともいいます。

シデコブシとコブシの違いは
コブシの花びらは6枚なのに対して、シデコブシは12枚から18枚です。
シデコブシの花びらは細長いこと、コブシの花には、1枚葉が付いているというのも違いの1つです。
こうやって見てみると、かなり違いがみられます。

◇園内でも咲き出しました
シデコブシ-6(20180324).jpg シデコブシ-7(20180324).jpg シデコブシ-8(20180324).jpg シデコブシ-9(20180324).jpg
撮影:2018年3月24日 京都府立植物園にて

シデコブシ-1(20180220).jpg シデコブシ-2(20180220).jpg シデコブシ-3(20180220).jpg シデコブシ-4(20180220).jpg シデコブシ-5(20180220).jpg
撮影:2018年2月20日 京都府立植物園「早春の草花展」にて

名称:シデコブシ (四手辛夷)
科:モクレン科 モクレン属
園芸分類:
形態:落葉小高木
原産地(分布):日本固有種 本州の愛知県、岐阜県、三重県にのみ分布。
品種名:
草丈/樹高:2~5m
開花期:3~4月
花色:白、ピンク、赤
その他:


nice!(0)  コメント(0) 

ヒトリシズカ(一人静) [山野草]

ヒトリシズカは各地の森林の湿った場所に見られる多年草です。
全体に水気が多い柔らかい植物で、数本から20本ほどの茎を伸ばして株立ちになり、茎の先端に4枚の葉をまとめてつけます。芽が伸び出すころ、長さ2~3cmの白いブラシのような形の花が、若葉に包まれて開花します。ブラシの毛のように見えるものは、雄しべの葯隔という組織です。葯隔の根元近くに、黄色い葯が確認できます。
 名前は、源義経が好んだ「静御前(しずかごぜん)」という女性が一人で舞っている姿に見立てたことからのようです。

ヒトリシズカ-9(20180402).jpg ヒトリシズカ-10(20180402).jpg ヒトリシズカ-11(20180402).jpg ヒトリシズカ-12(20180402).jpg
撮影:2018年4月2日 京都府立植物園にて

ヒトリシズカ-6(20180327).jpg ヒトリシズカ-7(20180327).jpg ヒトリシズカ-8(20180327).jpg
撮影:2018年3月27日 京都府立植物園にて

ヒトリシズカ-5(20180224).jpg
撮影:2018年2月24日 京都府立植物園にて

ヒトリシズカ-1(20180219).jpg ヒトリシズカ-2(20180219).jpg ヒトリシズカ-3(20180219).jpg ヒトリシズカ-4(20180219).jpg
撮影:2018年2月19日 京都府立植物園にて

名称:ヒトリシズカ(一人静)
科:センリョウ科 チャラン属
園芸分類:草花,山野草
形態:多年草
原産地(分布):日本列島、極東ロシア~朝鮮半島、中国東北部~東部
品種名:
草丈/樹高:10~30cm
開花期:4月~5月
花色:白色
その他:


nice!(3)  コメント(0)