So-net無料ブログ作成

サンゴアブラギリ(珊瑚油桐) [多肉植物]

サンゴアブラギリは中央アメリカ、西インド諸島、コロンビアが原産の落葉低木で幹がずんぐりトックリ状にふくらんだユニークな形になります。濃い朱色の小花をかためて咲かせますが、花だけでなくその下の軸の部分も花と同色になって、その様子が珊瑚に似ています、。また、5つに分かれた手のひら状の葉っぱを桐の葉に見立てて、合わせて「珊瑚油桐」の名前が付けられました。


サンゴアブラギリ-1(20190808).jpg サンゴアブラギリ-2(20190808).jpg サンゴアブラギリ-3(20190808).jpg サンゴアブラギリ-4(20190808).jpg サンゴアブラギリ-5(20190808).jpg サンゴアブラギリ-6(20190808).jpg サンゴアブラギリ-7(20190808).jpg サンゴアブラギリ-8(20190808).jpg サンゴアブラギリ-9(20190808).jpg
撮影:2019年8月8日 京都府立植物園にて

名称:サンゴアブラギリ(珊瑚油桐)
科:トウダイグサ科 ヤトロファ属
園芸分類:
形態:常緑小低木、多肉植物
原産地(分布):西インド諸島、中米
品種名:
草丈/樹高:50~60cm
開花期:6~11月
花色:濃い朱色
その他:別名 トックリアブラギリ(徳利油桐)、イモサンゴ


nice!(1)  コメント(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。