So-net無料ブログ作成

ホソバタブ(細葉椨) [常緑樹]

雌雄同株で花期は4~5月、黄緑色であまり目立たない花を咲かせます。8~9月ごろ球形で黒紫の液果が熟す。
葉は互生で、枝先に集まって着きます。葉身は長さ8~15㎝、長楕円形から披針形(ひしんけい)。タブノキの新葉は赤味を帯びますが、本種は赤味を帯びないのが特徴です。
葉は同属のタブノキより細い、そのことが名前の由来となります。
材は建築、家具、器具に利用される。公園樹。

ホソバタブ-1(20190731).jpg ホソバタブ-2(20190731).jpg ホソバタブ-3(20190731).jpg ホソバタブ-4(20190731).jpg ホソバタブ-5(20190731).jpg ホソバタブ-6(20190731).jpg ホソバタブ-7(20190731).jpg ホソバタブ-8(20190731).jpg ホソバタブ-9(20190731).jpg
撮影:2019年7月31日 京都府立植物園にて

ホソバタブ-11(20190819).jpg ホソバタブ-12(20190819).jpg
撮影:2019年8月19日 京都府立植物園にて


名称:ホソバタブ(細葉椨)
科:クスノキ科 タブノキ属
園芸分類:
形態:常緑高木
原産地(分布):本州(関東以西)、四国、九州、朝鮮半島南部
品種名:
草丈/樹高:10~15m
開花期:4~5月
花色:黄緑色
その他:別名アオガシ


nice!(2)  コメント(0) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。