So-net無料ブログ作成

ユズリハ(譲葉) [常緑樹]

太平洋側の暖地の林中などに生える、背の高い木。ユズリハの名は、春に枝先に若葉が出たあと、前年の葉がそれに譲るように落葉し、新旧交代がはっきりしていることから「譲る葉っぱ」、それが「譲葉」となりました。その様子を、親が子を育てて家が代々続いていくように見立てて縁起物とされ、正月の飾りや庭木に使われ、新年や祝事の飾りものとして珍重されます。
開花時期は5~7月。小花が咲き、黄緑色や紫色をしています。
夏には実がなり、次第にブドウのような青い実に成長します。見た目は美味しそうで小鳥も集まるが、有毒物質が含まれており、食すれば呼吸困難などを引き起こす。

ユズリハ-1(20190426).jpg
昨年の葉と若葉のツーショット
ユズリハ-2(20190426).jpg ユズリハ-3(20190426).jpg ユズリハ-4(20190426).jpg ユズリハ-5(20190426).jpg ユズリハ-6(20190426).jpg
撮影:2019年4月26日 京都府立植物園にて

名称:ユズリハ(譲葉)
科:ユズリハ科 ユズリハ属
園芸分類:
形態:常緑高木
原産地(分布):日本(本州の福島県以西、四国、九州、沖縄)、韓国、中国中部
品種名:
草丈/樹高:5~12m
開花期:5~7月
花色:黄緑色や紫色
その他:別名 親子草(おやこぐさ)


nice!(2)  コメント(0) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。