So-net無料ブログ作成

ミヤコツツジ(都躑躅) [花木]

ミヤコツツジはモチツツジとヤマツツジの自然雑種とのことです。半常緑の低木で植物体は1~3mになります。葉は狭楕円形で先端が急に尖り、長さ3~5cm、葉の両面には短く柔らかい毛が密集してついています。初夏に花をつけ、花弁の色は赤紫色~薄いピンク色で多少色の変異があります。
花の色、花の大きさがヤマツツジとモチツツジの中間的です。

ミヤコツツジ-11(20190426).jpg ミヤコツツジ-12(20190426).jpg ミヤコツツジ-13(20190426).jpg
撮影:2019年4月26日 京都府立植物園にて

ミヤコツツジ-1(20180427).jpg ミヤコツツジ-2(20180427).jpg ミヤコツツジ-3(20180427).jpg ミヤコツツジ-4(20180427).jpg ミヤコツツジ-5(20180427).jpg ミヤコツツジ-6(20180427).jpg
撮影:2018年4月27日 京都府立植物園にて

名称:ミヤコツツジ(都躑躅)
科:ツツジ科ツツジ属
園芸分類:
形態:落葉低木(半落葉)
原産地(分布):本州、四国
品種名:
草丈/樹高:1~3m
開花期:5~6月
花色:赤ピンク色
その他:


nice!(1)  コメント(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。