So-net無料ブログ作成

キハダ(黄膚) [落葉樹]

樹高は10~20m程度の高さになります。葉は、対生葉序(たいせいようじょ)で奇数羽状複葉(きすううじょうふくよう)です。5~7月にかけて、円錐花序の小さい黄色い花を咲かせます。樹皮はコルク質で、外樹皮は灰色、内樹皮は鮮黄色です。この樹皮からコルク質を取り除いて乾燥させたものは、生薬の黄檗(おうばく、黄柏)として知られ、薬用のほか染料の材料としても用いられます。
幹や枝を外から眺める分には分かりませんが、幹の下にある皮(内皮)が黄色いことからキハダと命名されました。幼木の幹は滑らかで幾分、黄色がかっていますが、成長するにつれてボコボコになり、独特の紋様を形成します。

キハダ-1(20180502).jpg キハダ-2(20180502).jpg キハダ-3(20180502).jpg キハダ-4(20180504).jpg キハダ-5(20180504).jpg キハダ-6(20180504).jpg
撮影:2018年5月2日 京都府立植物園にて

名称:キハダ(黄膚)
科:ミカン科 キハダ属
園芸分類:
形態:落葉高木
原産地(分布):北海道、本州、四国、九州、アジア東北部
品種名:
草丈/樹高:10~20m
開花期:5~7月
花色:黄色
その他:


nice!(3)  コメント(0) 

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。