So-net無料ブログ作成

ウオトリギ(魚捕木) [落葉樹]

高さ1~2mほどの落葉低木で、6~7月に集散花序を出し5弁の花を咲かせます。
秋には美しい実をつけますが、この実はヒョウタンボクの仲間のように2つくっついた実で、それがさらにくっつき4つで一塊になります。
 花はメシベが目だっていますが、これはオシベが未発達なためで、逆にオシベが目立つものはメシベが退化しています。このウオトリギははっきりとした雌雄別株ではなく、両性花ながら雄花的な花をつける株と雌花的な株があるようです。
名前は、漢字で書くと「魚捕木」つまり魚を捕る木で、かつてはこの木の毒で魚を捕ったのが名前の由来のようです。

ウオトリギ-8(20180613).jpg ウオトリギ-9(20180613).jpg ウオトリギ-10(20180613).jpg
撮影:2018年6月13日 京都府立植物園にて

ウオトリギ-1(20170915).jpg ウオトリギ-2(20170915).jpg ウオトリギ-7(20170915).jpg ウオトリギ-3(20170915).jpg ウオトリギ-4(20170915).jpg ウオトリギ-5(20170915).jpg ウオトリギ-6(20170915).jpg
撮影:2017年9月28日 京都府立植物園にて

名称:ウオトリギ(魚捕木)
科:シナノキ科
園芸分類:
形態:落葉低木
原産地(分布):台湾、中国など
品種名:
草丈/樹高:1~2m
開花期:6~7月
花色:黄色
その他:アオイ科ウオトリギ属とも!


nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。