So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

キキョウ(桔梗) [草花]

キキョウは東アジアに広く分布する多年草。
秋の七草のひとつで日本人にも馴染みの深い野草です。
茎はまっすぐに伸びて高さ10~120cm、先端近くに直径5~7cmの花を1~10数輪咲かせます。根は太くまっすぐに伸びて、ニンジンを小ぶりにしたような形です。この太い根は漢方薬にも利用されます。
開花直前の丸くふくらんだ状態がおもしろい。
これは、開花前には花びらが互いのふちでくっついたまま膨れていくために、つぼみのときは風船のようにふっくらして見えます。


キキョウ-11(20180613).jpg キキョウ-12(20180613).jpg キキョウ-13(20180613).jpg キキョウ-14(20180613).jpg キキョウ-15(20180613).jpg キキョウ-16(20180613).jpg キキョウ-17(20180613).jpg
撮影:2018年6月13日 京都府立植物園にて

名称:キキョウ(桔梗)
科:キキョウ科 キキョウ属
園芸分類:草花,山野草
形態:多年草
原産地(分布):日本を含む東アジア
品種名:
草丈/樹高:15~150cm
開花期:6月~10月
花色:白,ピンク,紫
その他:




nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。