So-net無料ブログ作成

イブキジャコウソウ(伊吹麝香草) [山野草]

イブキジャコウソウは、北海道、本州、九州、朝鮮半島に分布します。比較的涼しい環境を好む植物で、緯度により高山帯から海岸線まで広く分布しますが、基本は高山植物です。細い枝に小さな葉を四方に茂らせて地を這うさまは、一見草のように見えますが、ごく小型の木です。
和名は、伊吹山に多く産し、芳香があることから付けられたようです。

イブキジャコウソウ-1(20180609).jpg イブキジャコウソウ-2(20180609).jpg イブキジャコウソウ-3(20180609).jpg イブキジャコウソウ-4(20180609).jpg
撮影:2018年6月9日 京都府立植物園にて

名称:イブキジャコウソウ(伊吹麝香草)
科:シソ科 イブキジャコウソウ属
園芸分類:山野草
形態:常緑低木
原産地(分布):北海道、本州、九州、朝鮮半島
品種名:
草丈/樹高:3~10cm
開花期:5~7月
花色:桃紫,ピンク,白
その他:


nice!(2)  コメント(0) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。