So-net無料ブログ作成

タテヤマウツボグサ(立山靫草) [山野草]

日本固有種。本州(中部地方以北の日本海側)に分布し、亜高山帯~高山帯の草地に生える多年草です。
茎は直立し、高さ20~40cmほどです。葉は対生し、卵形でごく短い葉柄があり、6~8月、ウツボグサより大きい紫色花を咲かせます。
ウツボグサ の高山種となります。立山の名が付きますが、立山ばかりでなく、各地の亜高山、高山に育ちます。

タテヤマウツボグサ-1(20180608).jpg タテヤマウツボグサ-2(20180608).jpg タテヤマウツボグサ-3(20180608).jpg タテヤマウツボグサ-4(20180608).jpg
撮影:2018年6月8日 京都府立植物園にて

名称:タテヤマウツボグサ(立山靫草)
科:シソ科 ウツボグサ属
園芸分類:
形態:多年草
原産地(分布):日本固有種
品種名:
草丈/樹高:20~40㎝
開花期:6~8月
花色:紫色
その他:


nice!(1)  コメント(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。