So-net無料ブログ作成

イワガラミ [つる性]

名前のとおり、幹や枝から気根を出して高木や岩崖に付着し、絡みながら這い登り、高さ10~15mくらいになります。
花期は5~7月で、ガクアジサイに似た白い花を咲かせますが、本当の花は中心部に見える五弁の小さな花で、遠目から花びらに見える部分はアジサイと同様、装飾花と呼ばれるものです。これは花が枯れた後も落ちずに残ります。
装飾花は花弁状の萼片が1枚しかありません。遠目からよく似るツルアジサイは、装飾花の萼片が4枚で葉の鋸歯が細かいことで区別できます。


イワガラミ-1(20180529).jpg イワガラミ-2(20180529).jpg イワガラミ-3(20180529).jpg イワガラミ-4(20180529).jpg イワガラミ-5(20180529).jpg イワガラミ-6(20180529).jpg イワガラミ-7(20180529).jpg
撮影:2018年5月29日 京都府立植物園にて

名称:イワガラミ
科:アジサイ科イワガラミ属
園芸分類:
形態:落葉 つる性植物
原産地(分布):
品種名:
草丈/樹高:10~15m
開花期:5~7月
花色:クリーム色
その他:


nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。