So-net無料ブログ作成

トキワマンサク(常盤万作) [花木]

トキワマンサクは、マンサク科トキワマンサク属に1種のみ知られている常緑樹です。
花は細いリボンのような4枚の花弁があり、春の開花期には枝先に集まるように咲くため株全体が花に覆われ、遠くからでもその美しさが楽しめます。緑の葉に黄色みを帯びた白い花が輝くように映えます。
園芸品種には葉に赤みを帯びるものや花色が赤いものもあります。


トキワマンサク-1(20180416).jpg トキワマンサク-2(20180416).jpg トキワマンサク-3(20180416).jpg トキワマンサク-4(20180416).jpg トキワマンサク-5(20180416).jpg トキワマンサク-6(20180417).jpg トキワマンサク-7(20180417).jpg
撮影:2018年4月16日 京都府立植物園にて

ベニバナトキワマンサク(紅花常盤万作)は←こちらで確認をしてください。

名称:トキワマンサク(常盤万作)
科:マンサク科 トキワマンサク属
園芸分類:庭木・花木
形態:常緑中高木
原産地(分布):日本(静岡県、三重県、熊本県)、台湾、中国南部、ヒマラヤ東部
品種名:
草丈/樹高:3~6m
開花期:4~5月
花色:白,ピンク
その他:


nice!(2)  コメント(0) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。