So-net無料ブログ作成

ヤエヤマヤマボウシ(八重山山法師) [落葉樹]

ヤエヤマヤマボウシ-11(20180605).jpg樹高5~10m程の落葉高木。葉は枝先に対生し、頭状花序は若い枝先に出来ます。花弁状でへら形の白い総包を4個、中央に径1cmの小頭状花序をつくり緑黄色のさな花を密集させます。 萼筒は肥厚して互いに合着し集合果は球形。
花は初め淡い緑色でその後に白い花になり、まれに紅色になります。実は紅く熟し、食べられます。材は硬く、器具材として用いられます。
絶滅危惧

◇花を追加しました
ヤエヤマヤマボウシ-9(20180609).jpg ヤエヤマヤマボウシ-10(20180609).jpg
撮影:2018年6月9日 京都府立植物園にて

ヤエヤマヤマボウシ-1(20170814).jpg ヤエヤマヤマボウシ-2(20170814).jpg ヤエヤマヤマボウシ-3(20170814).jpg ヤエヤマヤマボウシ-4(20170814).jpg ヤエヤマヤマボウシ-5(20170814).jpg
撮影:2017年8月14日 京都府立植物園にて

ヤエヤマヤマボウシ-6(20170930).jpg ヤエヤマヤマボウシ-7(20170930).jpg ヤエヤマヤマボウシ-8(20170930).jpg
撮影:2017年9月30日 京都府立植物園にて

名称:ヤエヤマヤマボウシ(八重山山法師)
科:ミズキ科
園芸分類:
形態:落葉高木
原産地(分布):石垣島,西表島
品種名:
草丈/樹高:5~10m
開花期:4~5月
花色:緑黄色
その他:



nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。